パープルムカデ


小学校、中学校、高校
とかの夢をみた。
もうかなり忘れていることばっかりなんだろうけど、それをありありと思い出すような感じで
 
ただの夢の印象なのかもしれないけど、わたし、学校生活って、今思うと相当「向いてない」分野のことだったんだなーってあらためて思った。
授業受けたりして学ぶのは嫌いじゃなかったんだろうけど、毎日、毎時間、常にすべてが集団行動、ちいさなコミュニティの中であり、あの独特の雰囲気、ちいさな社会感、別に何とかやっていけていたんだろーけど、自分には本当に向いてなかったんだろうな、って思えたよ
 
拘束時間も長いなあって思ったし かなり閉鎖的だなあって思う。毎日毎日がほとんどその場所で完結して。
苦手なら苦手でいいんだけど、他に世界があるってことをもっと知る時間があるといいなって、思えた
私はすごく苦手だったんだ……
でも、学校生活のなかで、「これは私には向いてない」っていうことを、気づかせてくれることはないし、気づくこともなかったな。
集団生活をさせなければならない世界で、「きみは集団生活が苦手な子なんだね」というのは、教えてはくれないよなあ。うん
 
まあ苦手だったんだろうけど、卒業できてる程度には 何とかなっててよかったな。と今は思う。
今も連絡とれる友達もできたし。好きなやつ、嫌いなやつ、関わってなくてもいろんな人を見れたなあって
 
でも一貫して、私は人を好きだったし、人が苦手だけど社会を求めている人間であるんだと思う。
だから、集団はきつくても、一人ひとりには興味があって、そういうことなんだろうな、
 
あなたがたのこと、好きだった、だいたい嫌いじゃなかった。
でも、あなたがたの中で、うまくやっていける自分を想像できなかった
 

戦場で死んだムカデ むらさきの
戦場で死んだムカデ むらさきの
sun will shine, 進め三輪車
あの坂の向こうまで
ゆけ、ゆけ、ゆけよ

 

お昼ご飯、はからずも 納豆ご飯、リーフレタスサラダ、焼き魚、お味噌汁
とゆう完全っぽさ。おおおお…
焼き魚かわいい おいしい。
残ったいわしは、頭と内蔵をとってもいちど冷凍
パックのまま一度冷凍しちゃってたから、焼きたくても焼けなくて一回解凍してたんだけど、最初に処理しちゃったほうがいいよね、それはね…
 
パルコ(おおさかパルコープ)で買ったやげんなんこつ、おいしかったな~また買いたいな~
とりあえず、まだ、牛もも肉を取り扱っているスパーに出会えてないどす……(ローストビーフ のレシピにトライしてみたいが、材料が揃わない)
天満橋のスーパー行けばあるかも~だけど、いま通勤してないけん、遠いけん…
 
今、興味がわいている食材:パイシート
ぐぬぬううう・・・でも、おやつ・お菓子系って、材料がだいたい高いし くそめんどうくさいよ!!
でも人生で一度は使ってみたいパイシートとゆう存在。
「料理できる族がおやつ作りに使っているのでは!?」とゆう都市伝説的あこがれ感がすごいです。
 
ピコ丸、なかなかやる気のあるキックをかましてくる。きがする。っていうかどっちかというと夜げんきだな~きみ
でもまあ、げんきで、よろしい
音が聴こえているからお腹に話しかけてみてね とはいうものの、いまいち喋ることも思いつかんのにしゃべる気になれなくて、でもなんか、嬉しいので、おわらのメロディーをうたう。
 
たまに 収まったかな?と思われる時もある つわりだけど、ちょっと今は気持ちが悪い。
ぶり返さないで~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です