カテゴリー別アーカイブ:

らいざっぷkeya旅

長いゆめを見た気がする、いちど3時ぐらいに起きた気もする。
夢の中身はとてもいろいろ詰まっていた気がする。
思ってること、思ってないこと。
深いこと、浅いこと。
でも色々詰まっていたわりに、起きたら、すぐ忘れてしまった。
 

昨日は一次会だけでホテルに直行する組にまぎれて帰ったはずなのに、もう、相当、疲れていて、ねむい。
起き上がれ〜起き上がれ〜起き上がれ〜
って感じで頑張って頑張って起き上がった。朝。
 
とゆうのもホテルの大浴場が朝から開いていると聞いていたので、ぜひ入りたかったのだ。
貸切状態で楽しんだ。すごいよかった。
朝食バイキングにも行った。佐賀名物・いかしゅうまい美味しかった〜、
 

昨日もホテルの窓から見えていた、魅力的な神社のぼってきた。
 


 

そのままコンビニまでさんぽ。とりあえず、今日はあつそうだし、女子と一緒に移動するので、ウェットティッシュを購入する。すでに汗。
ひろーーい川があって、ながーーーい橋が架かっている。とてもたのしい。
 

一旦部屋に戻ってダラダラしているうちにチェックアウト時間になり、
昨日、3時ぐらいまで飲んでいたらしい女子たちと ロビーで集合する。
それで起きられるのがすげえと思う。私ならマジ、目覚ましが鳴ろうが 地震が起きようが 電源スイッチが切れてしまっており 入らないので 気づかないと思う。(気合という概念は無い)
 
今日は職場の女子たちと一緒に、一日佐賀であそんで帰る。しあわせだ・・・
総合してすごくマイペース、全く無理せず、マッタリ感あふるる旅でとてもよかった。
 

各駅停車(しかない)の電車でのんのこ移動し、駅から ばすつあーみたいなミニサイズのバスに乗って、
海側の、でっぱった島のようなほうへ移動して。
景色がおもしー。佐賀来ると、あ〜好きっ。。ってなっちゃうから危険。
玄界灘〜!玄界灘〜!
 
暫くいくと、バス内で、
「これより先は、バス停でなくても自由に降車できます。早めに乗務員にお知らせください。」ってアナウンス流れた。
えっ、、まじ、、えっ、、
ざわつく我ら
そんな理想的なバスある!?!?ルート内であれば半タクシー的存在やないか
 

観光ガイドマップでも結構有名らしい、「糸島」の芥屋の大門(けやのおおと)というところに行ってきた。
簡単にいうと 島の先っちょに、デカイ岩・鍾乳洞があり、その眺めがすごいのだ。
小さい船が出ていて、有料でそこまで乗せていってくれて、目の前でその鍾乳洞とか、岩を眺める事ができる。
 

のったやつ
 

 

海の青さ、透明度ハンパない
 


これが芥屋の大門(けやのおおと)。
波が静かなときは鍾乳洞の中まで船で行けるらしい。今日は波がエライことですごい揺れるレベルで、ぜんぜん無理だった。
っていうか鍾乳洞めがけてバッチバチに波しぶき上がってて、本当にこの中に入れる日があるのかよ、と思った
 

 

この建物、横から見るとこんな感じで 地元の個人経営のスーパーマーケットとかを思い出すけど、
お店の正面に回ると、超おしゃれな建物に改装?されていて、ハンドメイドの食べ物とか雑貨とか販売しているマーケットが開催されていて、トッテモ今時で、おしゃれでした・・・
しかしサイドがこれで、すごい味わいをかもしているため、正面の写真は撮りそびれた。
 
のちの、博多駅前のスターバックスでオシャレだらりモードを決め込み、
博多だからということで、予約していただいていた モツ鍋を食べにいきました。
 

ヤバイ。罪の味
 
博多の駅のお土産まみれエリアに、明太子のからすみ みたいなやつ、売ってた。。
買ってもうた。。以前、名古屋つあーのとき、あらたると(カフェ&バー)で頂いてからずっとカバンに入れててこそこそかじってたやつ。
(酒のツマミ、ちょう好きだ)
ただこれ、塩分そうとうヒドイので、まじあかん
 
最後に博多のマグロ居酒屋へ行ったけど 素晴らしかった。新鮮なマグロの素晴らしさを知った。
なんていうか、あんまり美味しいマグロが食べられる場所に住んでいたことがない私は、
寿司食べに行っても、マグロを頼む気にならないというか、ほかにもっと美味しいネタあるからそっちの方がいいじゃん っていう意識もあって、
正直マグロのポジションとしてはそんなに高くなかった。
でも今回、人生で初めて(たぶん)マグロ専門店というか、マグロの解体ショーもやっているというこの店で、どさどさっと乗っているマグロを食べたところ、
マグロだけでいける
って思った。
新鮮なマグロって 素晴らしい。
 
マグロが女性の身体にとてもいいということは知っている。(理由:ネットの記事で読んだから)※ネットが言うんだから間違いない思想
ので、出来ればぜひ日々の生活の中で食べていきたいな〜と思うものの、
なかなか コスパが釣り合うことがない。どうせお刺身買うんだったらサーモンとかにしちゃう。
おいしいマグロを安く食べられるのはやっぱ海の近くとかだと思うので難しいのだろな〜
 

マグロのすごいやつ。
このあと、後ろにうつってるスマホ持ったおっちゃん、「おれも食べたんだ!でも写真とりそびれた!」って写真撮りに来た
 
shing kang seng again~最終の新幹線で帰る~
なんか、いいんだろうか、新幹線の指定席に乗せてもらえて帰れるなんて〜♪
プライベート旅だと新幹線は価格面でまだまだ自分の身分に見合わないため 断然高速バスとかであるのだけれど。
距離的なものを考えると飛行機(LCC)とかも使うけど。
新幹線ってとても速い。楽ちんだし、快適だ。
日本ってとても広いと思う。意味がよくわからないほどに。充分すぎるほどに。
 
ウェットティッシュ使うの完全に忘れてたっていうか、案外汗かかなかった。移動長い。
よる、さぶめ。
およめ様はbnb君と一緒にタイコクラブってやつにいってるらしいので、ちょっとさみしめの自宅に帰宅。
タイコクラブ、和太鼓めっちゃいっぱいみたいなの想像したけど、違うらしい。オタイコヒルズはいってみたいけど、違うらしい。
 
googleフォトでむかしの写真見返してたら、前職で、大学の取材いって撮りまくった教授の写真めっちゃでてきた。わろた。
なんだか安心してる、自分が欠けていて良かったと何となく納得したいのだ。自分が全くもってきれいな女、という生き物でなくてよかった。
そう思ってるんだ。
 
 
静かな夜はやっぱり考えてしまうな、これは病気なのだ。
よく眠って よく食べて よく笑っていれば治るかもしれないものだ。

佐賀欲ばい

朝、いつもよりだいぶ早くの出発。
ぶじ起きたしシャワーできたし家をでれた〜
今日から佐賀へ。お仕事で。今日は金曜なので、そのあとの土曜、あそんで帰ってくる。なんてこった!
心がウキウキ。らいど〜ん
 
この時間めっちゃ電車混んでるんだなー
って思っていたら、なんと、ダイヤ乱れてるっぽい。
うおー、今日は新幹線に乗らなばならないのに。まじかー!
 
結局、電車はそれほど長く待たなくても1本、来たやつに何とかギュウギュウ詰めになって乗り込んだ。
だけど、ちょっとした問題発生。
 

新大阪発の新幹線に乗るため、乗り換えの京橋駅で降りたけど、
あまりに人がごった返しすぎて、本当にすごい状態になってた。
エスカレーター乗ると降りた先が人間いっぱいすぎてエスカレーター止めろ!止めろ!っていう危険な事態に遭遇した。
エスカレーターは緊急停止ボタンを押されて停止した。
まじか…………人類いっぱいいるねんな
 
あまりの人混みで、改札になかなかたどり着かなかった。改札の外も、乗り換えたいのに乗り換えられない立ち往生の人まみれで、
これはもしかして…もしかすると…新幹線に乗れない!?
あわてて会社の連絡ツールで連絡入れておく。
まあ 間に合わなかったら しょうがねえな~とは思っていた。
仕方ないし。
 
でも元々は、新幹線にゼッタイ何があっても間に合うよう、買い物とかもできるよう、
25分前に到着するような、グレートリラックス(よゆう)を持ったやつに乗れる時間だったはずなんだけどな。
ぎりっぎりだぜ、でも早く出たおかげで、そのぶん間に合って、ぎりぎり、大丈夫だった!
ほーー
 
会社のスタッフみなさんと合流して、新幹線で佐賀へ向かう。新幹線は博多でおりる。
席はばらばらで取ってくれていたので、(心づかいですね)
向かっている間、トリビュートで参加した、GROUPエンペラーめだかの「私は覚えている」聴いてた。
とてもひさしぶりに聴いたけれど、よい。
うるせえ!ってとこあるけど。
純粋に、やっぱり、いいと思うのよね
 
ipodのなかには2012年のハマベストとか入ってる。笑 きいてみよう。
 

お昼過ぎ頃、佐賀の営業所に到着した。
初めて来たけれど 立派・・・・・・・ひろい
オフィスっぽさは少なめだったかもだけど。笑
 

研修がいったん終わり、ホテルに到着。チェックインをすませて20分くらいの一人時間。
カーテン開けて見えた景色が、やばかった。
……ごくり……
ちょうど、階(目)の高さの位置に、鳥居がある。
長~い階段が、地上からつづいている。
なんだあれは…
もり。。。。。ハイパー階段森。。。。。
 
すごく楽しんでしまっているけれど、ふだん、仕事中はモードを完全に切り替えている人間のため、「いかんいかん…お賃金発生中やぞ…」って冷静スイッチ何回も押す。
あ、でももう時間的に時間外になってきた!
はじける!?はじけていく!?(そんな器用でもない)
 

ひさしぶりの佐賀、少し車を走らせてもらっただけで、魅力的な場所まみれで、やばい、
もう一泊すりゃよかったかも。って思った。一人で。(もち自腹で)
 
ホテルの階下に大阪泊まりスタッフみんなで集合し、佐賀のスタッフみんなと飲み会にいく。
よく食べました、佐賀のみなさん、かわいかった、女子率高かった、自分の話題と語彙力のなさ
 
もう、無い頭をふりしぼって話題を探したりするエネルギーふる回転ん、脳みそよう使ったな、つかれた…
後輩ちゃんちょう癒やし。
あの子は本当にいい子だ……
なぜぼくに優しくしてくれるのかと思うほど……いい子だ……
 
日付が変わらないうちに私は一次会で帰る組のみなさんと一緒にホテルへかえった。
ホテルの部屋ついた瞬間、全裸で踊る。
きたぜ~~~
でもねる。
ふだん喋らない癖に喋ってめっちゃ喉痛かった。
 
ホテル着いて全裸で踊ってると、浪人時代の受験旅行を思い出す。
このお行為、楽しいとか、そういうのじゃなくて、
フリーダムであり自然
荷物とか衣類とか何もかもを取っ払うやつだ、イェイ!
 
焼き鳥おいしいかったな~~~
ビジネスホテルってきれいだなあ~~~
 
青い闇をまっさかさまに落ちていった、あの流れ星を思い出してる。
あれは…
 

目もくらむほど、息も止まるほど、目もくらむほど、

 
欲にのまれず、欲を殺さず、いきいきと欲を、
生きる

愛されていることがわかるだろー


とても辛い台湾カレーとゆうものを食べ、32さいをむかえた皇帝と解散して移動。荷物をがらがら。
カレーの味も濃かったけどこの写真見てると濃すぎて辛(つら)い
 
ねむたさがねむい、久しぶりに近鉄の急行乗って 今日は実家に~かえるよ~。
 
最近、ほんとに自分でもてきとーに聴いてたことやその流れや相槌でてきとーに喋ってること覚えてないこと多いので、酔っぱらいみたいなもんやと思うてほしいな、常に。
まじ曖昧さ〜
自分にとってすげー大事なことはおぼえてるんだけどな。ちゃんと。たぶん。あれ?
 
おれを甘やかしてくれ、真剣っていうのがよく、わからないんだ、
 
自分の証明方法ってさ、自分では人生のなかですっごい真摯に取り組んできたつもりで、
ほんとに、マジ本気!のつもりなんだけど、
手段として、「消去法」なんすよね、
偽を全パターン立ててその否定をすることで証明する みたいな。
それがわかりやすいしそれしかできないんだけど。
 
小狡いなあ とは何となく勘付いているんだけども、これも別に一案にすぎなくて
しかし、なんとなく真っ直ぐじゃねえなあとは気づいていて。
でも自分は証明しつづけなければならない。自分の選んだ道、自分の決めたこと、
それが真実であり続けている己の道徳であり、芯であり、筋ってものなのだ。それを、証明しつづけたい
 
動機、動機、動機なんてどうでもいい、やり続けていることが全てで、その中で、やり続けたいのか?っていう否定案を、永遠に何回も何回も問い続けてなお、やりたい!って心から言いつづけることをやりたい。証明しつづけたい。
否定案を永遠に否定し、証明しつづけている。
だれに?
だれにでもない。自分が知りたいのは自分だ。自分が証明して知れるのは自分だと思う
 
知りたい。でもわかんない。自分のことなのにね。
 
だから、消去法なんだよな。ジャッジすら真すらわかんないから。真であることを思い込めないから。自分を疑う。
追い込んで追い込んで追い込んで、残ったことだけが真だ。
だから、「七割はわかる」。
三割の余剰は、どんだけ否定から証明しつづけても、材料が少なすぎたりして結局わからないであろうブラックボックスだと思うし、
あとは「き・ぶ・ん」とか、自分でも意外すぎる気づいてなかった要因だったり、
わけわかんね~予測なんてできね~ っていうランダムなものが、三割ぐらいは占めてるんじゃないかなあなんて。
 
そうだなあ、真摯に真剣にマジで否定をつづけてきたわけだけど、もうなんか、これだけ証明しつづけてきてなお、なんか、わっかんないんだよね。アタマではないのだな〜って。間違ってはないのはわかるんだけども。
なんなら、否定をする、っていう行為になんだか疲れてしまってる。
なんでもいいじゃん。って思う。なんでもいいじゃんって。
 
 
そんなに混み合ってるわけでもないお昼の電車、でも立ってる人が多い。
わりに、カバンを隣の席に置いて優雅に座席を使用している人の率も高い。
席は空いているはずなんだけどカバンが置かれてしまっているやつ。
大阪みたいにたくさん人がいないと逆にこういう現象が起きるんだろうか。
しかし、立ってる人たちも別にもんくもなさそうで、ナチュラルに立ってる感じだった。
まあいいかの精神
 
中学高校と通ってた乗換駅に着いた。
高校生時代、電車待ってる間、寒くて制服のままスクワットしてた記憶がよみがえる(既に人の目とかがどうでもよかった人格が確認できる)。筋トレをやりたかったのだ。
 
実家の最寄り駅に着いたら、いつもどおり母が車で迎えにきてくれた。
自宅は全然、徒歩15分ぐらいの距離なので それほど遠くないんだけど。高校時代も電車で通学してたけど歩いて帰っていたわけだし・・・
でもなんか有り難い。荷物多いから。でもなんか甘やかされてるな。笑
 
ちょいと掃除のつづきでも…と おばあちゃん家に来ましたが、ソファでだらける始末。眠さに勝てなかった。
昨日夜更かししたものな。
結局、今日は片付けとかせず、ひたすら寝ちゃった……お部屋ポカポカでさぁ……なんかツヤツヤしてるかも……
自分で片付けて整えた(つつある)お部屋の、整えた場所で、お昼寝できるしあわせ〜
じゃんじゃんいくぞう
すっきりしたアタマでちょっと次のこと考えれたかも。おうちへかえろう。
 

わけを訊いてはいけない
聞けば泣いてしまうだろ
ただじっと見つめていよう
愛されていることが
わかるだろう

(Teach your children/キセルがカバーしたver.)

 
自分はもっと人の表情、かお、目を見て、感情を読み取れるようになればいいのにな、って思った。
あんま目を見て話すの、苦手なんだ、別に必要ないって思ってる? 部分も多分あるし、っていうか自分がどんな顔してるか読み取られそうで怖いという臆病も感じ取れる。
べつに表情かくせないし隠そうとすること ほぼないんだけど、笑
そうじゃなくて、自分が、どんな顔してるかわかんないから、どんなふうに伝わってんのかも想像つかないし、誤解で読み取られるのが、こわいな。
 
だいたい、怒ってないしナメてないし、てゆうか説教されたくないし、
おまえのこと何も文句言わないから、おれのことも文句いわんとってほしいだけで、
あああ、むずかしいよ!シンプルがいいね!
だいたいどんな人でも嫌いじゃないよ、ぼくはたぶん敵じゃないよ、結構およそその程度だよ、
 
元々ぼくにはよくわからないんだ。
でも、わからないで放棄するだけでは、よくないと思った、多分それは優しくないと思ったから、
せめて勉強してわかるようになりたいと思った。
人間のことが好きなんだ。
 

愛の究極系
痛いのもIt’s OK
ダイナマイト 導火線もー燃えてる
世界が終わったって
神が死んだって
なんだろーと来い、見透かしてやる

(nazca/STAn)
※歌詞違うかも

 
くそー、恥ずかしいぐらいわかりやすいなあ。だめだな…だめにはなってないんだけど。なんか久しぶりに超快便だぜ!とか。ああ〜〜
睡眠、だいじだ……すごく久しぶりに脳みそすっきり気分。
 
そういえば昨日、改めて、ムレた足のにおいめっちゃヤバいなって思ったんで気をつけていきたい。。
万年タイツの名はダテじゃないな。元気くんのブーツ無臭の原理ってどうなってんねやろ……………
(ずっとドラム叩きながら履いてたはずのブーツ、脱いですぐ臭いかいでも、無臭っていう男)
 

天にものぼる気持ち
思いがけない夜、
不思議な音楽が鳴ってふたりは踊るのさ

(天にものぼる気持ち/ヘロン)

 
よるはまだまだ、肌寒い〜
お母さんといっぱい話す時間もとれてよかった。
すごい自分は幸せ者だなあと思う。ありとあらゆる面で。
 
おばあちゃんのアルバムの白黒写真に写っている人、今はもう「これ誰なんだろ?おばあちゃんの友達かな?」っていう人とかもいて、もっと時代がすぎれば、それが誰だったのかわからない状態へなってくものなのかな?って思うとさみしい。人物紹介コメント書きまくりたい。
 
いつか、誰かがこれを読んだときに…っていうのが、自分にはやっぱり すごく あって、
自分にも、ぜんぜん知らない誰かにも、ずっと期待をしていたい。
「どうせ…」とか、「まあこんなもんでしょう」とか、「想定範囲内」を、
想像を、かるがると超えてみせる、人間の精神のちからを、
ぼくは愛している。
 
自分は、自分を、がんばらないといけない

図書館と公園

とうとう連休の最終日である。
特に連休が終わるからといって 何が変わるというわけでもないつもりでいたいのだが、
やっぱり自由時間のキャパがそもそも変わるので 過ごし方も変わるのだなあ
あすみつお
 

本を返しに図書館まで。
チャリで行ったわけではないのだけれど。
この橋の上、川の上の駐輪場は仮設のもので、ずっとあったのだけど、そろそろこの場所がなくなるらしい。
なくなるとなると寂しいものだね。いい眺めだから
 

京橋で昼ごはんにお寿司たべて、電車で図書館へむかい、本を返却しおえて、ぷらぷら散歩。
ここは好きな駅
ずいぶん前にふらふらやって来て 一度も乗ったことのない駅。
今日も眺めるだけで、電車の発車するのをみていた。
汐見橋駅とゆいます。
 

ウ~ン ニン!ニン!
 

のち バスに乗って、なかなか来ないところまで来た。
ここは大正のエリア。
丁度ここにも図書館があって、ちょっと訊ねたいことを訊ねることができた。
 


千島公園にきました
 

その後は なんとなくで気になってたメモのお店の前までいってみたり(結局入らない)、ぞんぶんに散歩したのち、バスでまた駅前まで移動して おうちにかえった。
よくあるいたー

ファミリー日和

朝、父&母の日課(?)である、コメダ珈琲へのモーニング食べに行くコースに頑張ってついていく。
起きてそのまま出たため、自分のねぐせ等が素晴らしい。
実家に帰ると、たまには運転ぐらいしてみようかと名乗り出るものの
普段の信頼(頼りがい的な意味)がゼロであるため、「死にたくないから」と言われて運転をさせて貰える事はない。
(愛を感じるという事にしておく)
 
一度家に帰ったあと、およめ様が車で到着。
私の冬服だとか、シーズンオフの物を実家に置いて帰る目的もあったので積んでもらっていたのだ。
なぜ昨日とかに一緒に帰ってこなかったか、などなどの理由は面倒くさいので端折らせてもらう
われわれは一族全員があまり型にはまりすぎない変わり種であり、フリーダムファイターなのだ。
(なんか格好いい感じの説明ができたぜ!)
 
そう、今年のゴールデンウィークは完全に実家に帰るということに重きをおきました。
ものすごく長い連休にも出来たのだけれど、それで家族みんなで旅行にでも行こうかとも最初は考えてたんだけど。
正直、考えてみたらGWに旅行って・・・お金とか 時間とか 労力とか 色々無駄にかかりすぎるなーっていう考えに至ってしまい。しかもすんごい混むっていうおまけつきで、「別に予定を決めてまでどこも行かない、気が向いたらその日に行ってみる」が正解、という事にしました。
そもそもうちの家族は混んでるところも嫌いだし アウトドア派人口少ないし。(父だけアクティヴ・アウトドアメンだよ!でも人ごみとか流行りモノイベント系は好きじゃない方だよ)
 

弟は忙しめなので置いていき、で、みんなで父の実家のほうへ行きました。
父の実家には、もともと父方のおばあちゃんがずっとお世話してきた みかん畑があって、
そのみかんも 近くに住む親族たちでお世話をしてくれているそうなのだけれど
そろそろ寿命とかで植え替えたりしているみたいで、
場所も余っているから 使うなら何か植えてみる? ってかんじで、うちのおよめ様は畑をやるのが好きなので
ぜひ一回見に行ってみよう! という事で今日という日の予定が出来上がったのだったった。
 
久しぶりのおばあちゃんちはやっぱり懐かしさいっぱいで、もとは家族がいっぱい暮らしていたから広くて、
すごくいいおうちだなーと思った。
場所が 愛知県知多半島の けっこう海の近くにあって、夏は海水浴にいける。
イーリャのイベントで、ものすごく近くにきた事もあったな。笑
 
お昼ごはんは海岸沿いのおしゃれなレストランへ行って たらふくスパゲッティーだとかピザをみんなで分けて食べた。おいしかた~~~
自分はイタリアンだとかスペインだとかフランスだとかはよくわからないので何料理だかは忘れた。
 
畑を少し見て回って、少し耕してみて おいもを植えてみて、
とりあえず今日のところは終了~
 
帰りはサガミ(和食屋さん)で蕎麦を食べてかえる。
この実家の安定お決まりコース感はおちつく。
みんな全然、普段のご飯にこだわりとかがないし 大体おいしいのでチェーン店で落ち着くのである。
おしゃれなお店とかへ行くことも確か あるけれど 堅苦しくないところがいいのだ。お父さんつねにサンダルだし。(お気に入りStyle)
 
帰りに おさかな市場みたいなとこ寄ってお土産いろいろ買うた~。
ぜんぜん愛知県の特産でもないのに 単純に安売りしていたので明太子を買って帰る、私とおよめ様などである。
OK!素質あり!!
 
さて、われらフリーダムFamiliesはというと、
とりあえず およめ様はそのまま実家を後にし、福井県の実家へ向かっていきました。
私はそのまま三重の実家にのこり、のんびり過ごします。
父は明日の早朝、予定があって新潟の山へ帰っていくので起きた頃にはいないであろうとの事。
 
は~ 帰省時のわたしの寝床で存分にダラダラするぜ~
 
フリーダムFighters
おわり

アンサー

今日のウィキペディアあーてぃくるは、インドの独立戦争?のはなしっぽかった。
今日はお天気。
 

なつかしいやつ出てきた。
 

考えても仕方のない、考えたくない事ばっかり考えてしまって面倒くさいなーって思う。自分はどうしてしまったんだろうな。
今日は図書館に本の返却にいって、そのついでに散歩〜ということをしていたら今の時間になっている。
とても幸福だし十全である、なのに、余計な事が、心身の60%ぐらいを病ませている、そんな感覚だ。
 
道理が通ってないことはしてないつもりなんすけどね、
もちろん24時間ではないけど、今起きてる面倒なことに関しては本当にそのつもりで。
でも、そっかーそういうふうに扱ってこられるんだなー、とゆう。
諦めみたいな、がっかり、納得いく説明でもなく、どうしようもない閉塞感、世の中への諦め、みたいな。
 
ああ、全部やめたいな。全部やめて富山に移住する。笑い。でもちょっと自分の望みと100パー合致してるわけではなくてね、
死も、天災も、べつに納得がいくんすよね、納得がいかないのって、納得がいかないんすよね、笑
んー
 

図書館の帰りにニュートラム。暑いぐらいのお天気で。
日差しでなんだかとっても眠かった。笑
 

女王蜂のアルバムはQ、ツアー名はAだった。(ライブ当日に知ったことだけど)
アンサー、
それが今の、自分のテーマに掲げられている言葉の気がする。
“アンサー”だ。
 

パフェしばいて帰宅

だれよりもだれよりも



天気いー、家でれねー


 
将来なんになりたい?ってことをやっぱり考えるよ。例えばおじいちゃん、おばあちゃんになって、あれに関することならあの人にお聞きなさい、なんて言われるかもしれないじゃない。ぼくは将来なんのプロになれるのかな!
いまの時代、この景色、どういう価値観がいわゆるふつうで、どういう生き方をしてきたっていう、今の時代を体験したとゆう、そういう意味のプロはぼくらしかいないんだろうなあ、なんてことを、洗濯物干しながら思った。
 
どんな時代だった?って聞かれて、どんなふうにこたえるのかな?いまの時代はどうだろうか?
 

いい日なの?わらってるの?
君の声はまるで、

 
図書館で借りてきてみた、つじあやののCD、なんとなく歌詞カードをめくって歌詞を眺めてたら、これはカバーアルバムのようで、m-floのcome againってこんな歌詞だったのか…ってなった。m-floのアルバムはよく聴いていてこの曲好きだけど細かいところこんな歌詞だったんだな〜
なぜか、「運動会マーチ」のベスト、CD5枚組を図書館で借りてきたのでゆっくり(?)聴きます。まさか5枚もあると思ってなかったけど
 
今日は携帯の調子が悪いのでエーユーショップへ行った。
スマホ内の電話帳件数が8万件とかになってしまってるらしい、原因は不明らしい、googleアカウントと複数連携をさせていることと、スマホ側でオンラインのバックアップをオンにしてしまったことが原因の可能性としてはあるらしいが不明らしい。まじつかえねー
電話帳をひとつひとつ削除していくか(ただし電話帳は重たすぎて開かない。笑)、一年前に取られているバックアップ3000件(これもたぶんすでに件数おかしい)を手作業でオンラインから削って使うか、しかないらしい。まじつかえねーーー!うおーーー納得いかねーーー
 
だって、バックアップアプリも、グーグルとの連携も、スマホ側で、できますよってなってるからやってるのに……
半端なく不便にされとる……もういい……スマホはもういい……期待しない
連絡を取るツールとして全くもってガラケーのほうがわかりやすく、便利とゆう結論。まじやめてほしいなー。電話帳増殖するって知ってたらバックアップなんか取らんかったしグーグルの連携もできないものとして捉えるのになー。というか原因もわからないし起きる人と起きない人がいるらしく意味わからん。
納得がいかないことばかりだーーー!うおーーー
 
もう、ガラケー買って、ゼロベースで一人ずつデータ打ち込む作業からはじめようかなあ。笑
でも電話帳ひらけへんねんけどな。10分ぐらい待つとあ行から表示される
せめてパソコン繋いでなんとかできる、とかないのかよう………店員さんいわく、ないらしい。
わらける
 


夕方から自転車で散歩でお花見にいってきた。三時間経過していた。自転車たのしかったー
今日はもうMP切れちゃったな……
 

 
女王蜂「つづら折り」が、せんじつのライブで一番好きだった曲、すごかった。
静かな静かなまま曲は進んでいくけど、確かにその中で物語は進んでいって、クライマックスをむかえる。ライブが、すごかった。
 



花なんてさ、綺麗なんだから、だれでも撮るじゃない。
自分が撮る必要なんてないんだよねって思う。みんなが撮るからいいんじゃないの?って。
 

でも、花もきれいだけど、落ちてる輪ゴムみたいなんに目をひかれたりもする。
何がうつくしいかなんて、ちょっと微妙に違ったりもする。
あと、みんなが撮ってるからって、自分が美しいと思う心に嘘をつく必要もない。
 


 

自転車はさいこうだ。ただのママチャリだけれど、スネアが載せられるように大きいかごにカスタムされたこのチャリがぼくの素晴らしい相棒だ。
 

わたしは公園、名もなき公園・・・

everyねぶたいday

あれ、さむない?
春ダ〜ンス
 
親友は…願うものではない気がするな、自然にしている自分を、好きでいてくれる人なのだろー、か、
それでもなんだかたまに、願ってしまうのは、自分が弱いからなのだろう、
 
強くなりたいな、孤独に揺れないように、
一人立てるように、
そのうえで誰かを好きだといえるように、
 
今日出社したら、後輩ちゃんだけが、髪の毛が…短くなってますねっ…!!って声を掛けてくれて、ほんまにこの娘さんだけは穢れなきまま護り抜いてくださいと神に(髪に)祈りました。
いい子すぎるので、(ちなみに上司である私はというと後輩ちゃんがバッサリ髪の毛切ったことに2日ぐらい気付かなかった経験あり)マジで私の下についていることが不憫です。何とかしてあげてください。(なんとかなれ!なれ!)
いっぱい何とかして いっぱいどうにかなれ!(32-492かない)
 
興味…興味か、無いわけじゃないんだけどなあ…かたちが違うだけなんだと、思ってんだけどなあ〜
やっぱ他人に興味がないってことなのかな、相当頑張らないと……なかなか……
でも、床屋さんでお話してて、親友と自分が勝手に思ってる人は数人いる!ってゆって、でもあんまし、連絡とらないし、めったに会わないのです……て言うたら、みんなそう言いますよ〜!親友と呼べる人とは一年に一回ぐらいしか会わないとかってよく聞きますよ!って言ってもらってなんか楽になった……
 
今日も、瞳の中の
ジャン=くろライン1号(命名) は元気です。くるくる。左目に二号と右目に三号がたまにいます
 
お仕事は、重たいやつさばいたった〜うお〜。分岐つくるの快感〜〜うお〜〜
社内、あせばむほど暑いんだけど外出たら寒い。なんなんだろう、人口密度?
 
夏ぐらいにガラケーに変更する予定で、今からけっこーたのしみ。スマホに慣れたがゆえの不便さとかも感じるんだろうな!
ガラケーの好きなところは何といってもハードボタンで、ポケット入れながら片手で文字打てるでしょ、あれができないから皆スマホ持っていちいち立ち止まらないといけない。
 
腹の具合がすこぶる悪いのに、つい謎の外出や、ジャンクなものに手を出してしまう、それが春です(責任転嫁)
なぜか仕事終わりに、まっすぐ、山科のネットカフェへ行ってしまいました。
なぜ山科なのか??
以前シャワーをお借りして印象が良かったクラブ(快活clubという名のネットカフェ)が山科にあるからです。
っていうか本当はもっとニトリとか行くつもりだったんだけど、山科まで移動してる間に営業時間が終了していたね!おれの頭はふわふわの美味しい何かだといいな。
終電にならないうちに、ゆっくり、電車を乗り継いで家に帰ります。
 

おとぼけビ〜バ〜お茶わんとどいた〜〜〜!!!なんかNSG感出ててよかった。つかいますめし〜っ!!
 

これは何とゆういきものなのかな、めし?飯そのもの?
 
毛っけが短くなってからお風呂が少し乗り気になりました。(毛が濡れるとマジ乾かすのに時間が取られてイラーッてするから、イラーッてするぐらいなら入らない、って思っちゃう)
長い毛っけも気に入ってた。あれは願かけみたいなところもあって、アンテナゆう意味もあって。
あと一番は、ロン毛のドラマーみてライブのとき毛がバサーって揺れるのいいなーって思ったから。
でも結局最近はライブのとき暑いからくくってしまってて意味ねえな!ってなった。げらげら
願かけというと何かしら願いをかけてたみたいな感じだけどそうではなく、
これまで、毛を伸ばそうとしてきたけど暑い!ってゆって、ある程度で切っちゃってて、
なんというか、粘り強さや忍耐力、っていうのを自分になにか持ちたかった。つづけること、というか。
何回も夏をこえてきたし、しばった状態もほどいた状態もなかなか気に入ってたので、よかったなあって思う。
 
桜まんかいのシーズンすなあ、今日は風も強かったしもう散りかけている木も多き。桜ノ宮とかはさすがにすんごかったけれど。今日さぶかったな〜
 
願うもの、掴みにいくもの、努力するもの、自然に育つもの、いろいろあるなあ。

朝から尾道たんのうプランed


朝ちゃんと起きてモーニングを食べる。という快挙。
ぎりぎりまで寝てるコースの想定だったのだけど普通にしゃっきり起きてうれしい。
でもこれ朝飯食べたら一回寝るパターンのやつかな?!だろうな!??!
 
ゲストハウスのおねいさんもおにいさんも、めっちゃ親切に案内してくれて、やっぱ人間のほうがアプリより強いなぁ〜って、改めてずっしり、感じた。
最近は、文字で書いて伝える以上の、その場で会話をキャッチボールするからこその迅速かつ意外なやりとり、というのが面白くて。
でも、お互いが思いやり、頑張れば、文字で済むって信じてるところは変わらないです。
むろん温度とか微妙な表情とかはわからんけど、離れてても通じる力をぼくは信じている、インターネット。
タイム感とか、細かな説明を文字に落とす作業、私は性に合ってるけど合ってない人とはむりだしな。そればっかりは仕方がないし。私が会話のキャッチボール苦手なのと同じだな…
 

朝の街なかさんぽ。
昼間にあるくスナック街、すきわー
しかし、それにしても数多すぎるやろ……なにこれ……っていう場所に行った。
朝なので雰囲気ふつうなのだけれど、人の数もまばらで しかしうろついている少数の人の雰囲気もなんか思い返してみると独特だったかも。
 

散歩、きりがなさすぎる。路地がすげー!もっと早く宿に戻ってチェックアウトするはずだったんだけど。おわらねー!
 

宿へもどって、ぎりぎりまでだらりとした後、チェックアウトをして 宿からとても近い、ロープウェー乗り場へ行った。
散歩しすぎたせいで、予定より向かうのが遅くなってしまった、そのため多少並んだ。
ならぶのかあ~~とそこで驚いてたんだけど、後ほど、もっと驚くこととなる。
 


ロプウェー
 

お気に入り(待つ人たち)
 
そういえば全然並ぶ気の出なかった(モーニング食べたしな)、一番人気らしい尾道ラーメン屋さんは、気づけば噂通りものすんっごい行列してたなあ。。むりっすーーーーっ!
 


のぼったところに展望台ありんした。
 

もはや色々な年月のあやが重なり、よくわからなくなっている図柄
 

恋人の聖地推しの公園 春。
じいじ、ばあばが多く年齢層高めであんしんしました
いつか行った神戸のクリスマスかなんかの時は殺伐感すごかったので
 

公園内の桜まつり?かなんかの準備してるようすがすごいよかった。地べたにぺたんて。
 

これ行けました。まさかロープウェーのって少し歩いた先にあるとは知らなくて、街なかでポスター見てチェックはしていたんだけど。ちょ~ど行けた!
いい絵がいっぱいあったな〜
なんていうか猫が絵に入ってくるだけで、なんか もちろん不穏な絵もあるんすけど、チョットおちゃめ になるのが面白いなー。化け猫っていう概念もなんかおちゃめだと思うし。
 

でかい猫いた
 


なんか、なるべく人が行く群れと違う方向に行ってしまう習性があって、ちょっとけもの道に入ったら行き止まりだった。さすがロープウェーがあるところ。軽い山登りスタイル、汗だくになった
 

 

いったん山を降りてきたら、ロープウェー、めちゃ並んでた。。ぜんぜん朝の比じゃない。
登りはやっぱりしんどいから、ロープウェーで行く人圧倒的に多いみたいで。まあ普通に考えるとそうなんだけど。
下りは、観光コース、文学の道、というのを通って山下りをしてくることができるので、逆に上りの片道だけロープウェー乗って、帰りは乗らずに歩いて堪能してくる人がおおいみたい。
 

減らそう犯罪 のイラストがノリノリ
 


異様に近い、電車との距離・・・ハァハァ(興奮)
 

異様に近い、渡り廊下との距離・・・・・・・(めっちゃ渡ってみたい・・・・・・)
 


マジ迷路。
というか、どこからでもロープウェーみえるな、ロープウェーの街だなここ、って思った・・・
 

幼稚園の「幼」の字がデザインされた穴 他の文字も全部あってすてきだった
 


猫まみれ
 


尾道の、線路沿いのいつ崩れるか定かでないような建物群を間近で見れて歩けたことが最高だった。
なぜ立て直しとか取り壊しされずにこんなに残ってるんだろう?っていう疑問に対する推測の案はいろいろでてきた。
事実は知らないけれど。
 


不思議なことばっかりだ
 

気になってたお店にはまあまあ行けた。
 


坂、電車、寺、墓、廃屋。ぜんぶがすごく近い距離にある世界だったな
 

みなと周辺はお年寄りとかでも歩きやすくていいなって思った。
 

よう歩きました。そろそろかえります。いそいそ。
尾道は京都の三倍ぐらい、散歩するときりがない街でした。小生比。坂が鬼のように多いので、おわら風の盆の八尾同様、足腰がよわる前に行くか足腰を弱らせないようにがんばって行くかやと思います。しーゆー
空模様と天気予報を見る限り、こっからお空は下り坂のようだし、ほんとーお昼はあっついレベルで晴れていて汗をかきまくった。いいタイミングで帰れることが喜ばしうございます。
 
帰りの電車がすごい。鈍行で尾道〜姫路まで乗るんですが、乗っている時間数、3時間。繰り上げとかなしでマジの3時間。でも座れるからアツい。
行きも確か、途中で寄った倉敷からでまあまあ長かったんだけど、まあ途中から座れるぐらいでよかった。
18きっぷの旅は、もしも乗ってる時間がギュウギュウとか、座れなかったらまじで悲惨な体力の奪われ方するなーと思ったので、やっぱ人の多い都会や観光地へ向かうためではなく、田舎に向かうときに使うといいんじゃないかなーって思いました。
乗ってる風景も田舎のほうが個人的に面白いの多いしな!(ひたすら山と田んぼだけ、とかになってくるんやろけど)
 
お腹がすいたので、帰りに姫路で途中下車。
旅のシメに、安定の鳥貴族食べました。ごちそう〜っっ
 
この旅でたべたもの
一日目
・明石焼き
・倉敷の駅前ラーメン
・明石の商店街で買ったかまぼこ、岡山のきびだんご

二日目
・珈琲家さんでモーニング(チーズトーストとか)
・気になったカフェでアンチョビトースト(めちゃ美味)
・鳥貴族でいろいろ

おわり
 
とりあえず鳥貴族好きとしては新メニューを頼んではみるものの、定番化してないメニューは7割がたハズレな気がしているけどどうなんだろう。。味オンチだしなぁ。。
 

この旅のなかで、一番おいしいかったのは、アンチョビトーストですっっ!!!!!
すごいカレー推しのカフェ(スパイスカフェって銘打たれていた!)で、店頭のメニュー表でものすごく心打たれて頼んだアンチョビトースト。
これが………… なに!?!?っていうぐらい、絶品でまじ美味しかったし、
カレー頼めばよかったって思ったけど 両方は入らなかったんだ……
ただのトーストじゃない…………トーストのイメージ完全にぶち破られたぐらいで。
どないなってんねやろ、、トーストなのにさ、なんか、さくっふわっ…って溶けちゃうみたいな歯ざわりだった、、アンチョビ完璧だった
っていうか、このカフェにいくためだけに尾道に通いたい!ってぐらい最高に素晴らしかった。
素晴らしすぎて。ああ~~あんな場所に出会えることってめったにない。チーズケーキもあってね、おいしそうだったあああ。。
近所にあったらハードリピートしてる思う。近所には、ない!梅田とか難波にも、ない!
こんなに自分の味覚に訴えかけてくるお店ってなかなか出会えないです。(そもそも食への興味自体が薄いからな!)
出会えてうれしい。
 
尾道ラーメンは、近所に尾道ラーメン家さんあるから、尾道ラーメン食べてみたいなって思ったら一回そこ行こうとおもいました。なんていうか…全部並んでたし、並んで飯を食うぐらいなら、歩いて景色見る時間につかいたいし、モスバーガーとかでいいです…
 


とりあえず 階段のぼる時に、何かの筋が私を裏切ってゆくぐらいには、よく歩いた。。今回は、いいゲストハウスだったし、いい街だったし、店に入るタイミングとかも結構ベストな感じで他の人とずらせたので運よろしでした。天気も。かえり3時間鈍行の電車内で雨降ってるの眺めてた。
 

旅行に支障が出るので絡まる毛っけはこの春で切る、とゆう予定にいたしました。

Do the尾道

エイプリルフールだからって、嘘はうそだからな、ぶち殺すぞ(うそ)
 

今日からひとり尾道に一泊旅いってきます。
基本的に半日ぐらい移動時間でれっつごー、初めての18きっぷです。いろいろ寄ってみる予定。予定は未定
 
視界にホコリみたいなやつがついてくるやつ、治らないので調べてみたら「飛蚊症」あるいは他のやつっぽい。
うわーやだなー。そんなのあんのかー。
飛蚊症って、私てっきり、あの、たまに白いやつがふわふわ~って飛ぶような光の残像のことだって思ってた・・・
これは違う種類のものだ!!い、いやだ~~~
 

途中下車が楽しいです。明石。
 

商店街でタコ食べてかまぼこを買う。(のちの生命線)
港がすぐそこで、もしも移動手段が完全にフリーダムだったならば私はふらっとフェリーに乗って淡路島へ行っていたな。
お腹がすいてきた気がするので、おばちゃんがやってるような喫茶店で明石焼きを食べた。おいし~~~
おだしって天才やな
 
網干を通過してホアアとなる。なつかしぼし。
 

当初寄ろうと考えていた岡山はほぼスキップすることにして、ただ、トイレに行きたすぎて結局少しの間立ち寄ることにした。
休憩し放題スペースを発見
 

駅のまわりを少しだけ歩いて商店街を見た。
尾道ラーメンの店が既にある。わらい
あと仙台の牛タン屋さんもあるし、オールマイティでええですね!!
岡山は以上です。なんか寒いし。また今度な!
 
CanでDoってすごくない??
CanがDoなのか。DoだからCanになるのかな!
CanCamは!?
 
(中略)
 


しばらく倉敷へ立ち寄りました。
食へのこだわりの薄さは、夕方に腹が減ったので仕方なく倉敷駅ナカのラーメン屋行ったレベルです。おいしかた~~
各地域で1時間ずつ自由時間にしながら移動しよー、ってゆうざっくりの予定だったんすけど、いやー、初めての地域だし、思ったより散歩してしまうな、三時間ぐらいは必要だね〜
 

倉敷で一番よかったやつ。
公民館!
で、レコードとか聴けるんす。。。わーーーー
 

Do the 倉敷
観光だね~人おおかったです。
 
あと数駅で尾道駅に到着。というあたりから、どんどん車窓の景色がヤバくなっていく。なんていうか明らかに、何かが違う。ニッポンの外れに向かっていくような心持ち。ウキウキ
装丁の好きな旅のスポット紹介している冊子は買ったし持ってきているけれど、まだ読めていなくて、
ぜんぜん尾道に 何をしにきたんだ!というのはなくて、
尾道という土地を知らないのだから別に憧れも知識もなくて。
でも 映画では見たことがあって、見たことあるけど 全然知らない土地が近づいているということがワクワクであった。
 

まさか宿までの道で、ふつーにこの場所を通ると思ってなかった・・・
商店街、見た映画の、ビール瓶で頭殴りまくってたシーン(えいが)の象徴でビクビクして歩いた
ここは特に、Googleマップだけでは全然わからない街だなと思った!想像とちがった!おもしろい~~~
 

一泊するゲストハウスに到着。チェックインも無事すませて、とても親切に色々とスタッフさんが「どこ行きたいですか?」と聞いてくれたり、周辺の情報を教えてくれた。すっごくうれしい。いいところだなーって思った。
ゲストハウス内にはもちろんシャワーもあるけど、せっかくなのでお風呂屋さんへ行ってみたいとは考えていた。
めっちゃ近所に一番有名な尾道ラーメン屋さんがあるそうだけど、食べたいなら朝10時半から並べ(オープンは11時かららしい)と言われてそこまでラーメンにたいしての情熱ないなってなった。
とはいえ、ゲストハウスの本当に目の前の距離で、
起きれて 暇で お腹がすいて 並べるようだったら 並んでみてもいいな、とかぼんやり思った。
 
ゲストハウスで荷物をととのえつつ、倉敷で得たきびだんごを食べる。思ったよりおいしい。
あ、ふつうこういうふうに食べちゃだめなのかな?
こう、お腹の余地があるなら散策しつつ、居酒屋とか行くべきなのかもな……
でも寒いし、今日まだ部屋でダラダラとかしてないしな。ダラダラしよう。

暫くドミトリーの部屋でダラけたあと、夜のお散歩に出かけた。
これがもう… たまらんすな!!
なんか、通りはすごく静かなのだけど、ちょっと逸れた細〜い路地にいっぱい居酒屋とかあって、賑わってて、じつはいっぱい人がいる。そういう見えないにぎわいが街をあかるくしてる気がする、実はすごい人口多い感じが
 

あと、聞いてけれ、おら、おら、おったまげただ!!
図書館が…この街、図書館が、21時まであいてるだ!!!!!こんなこと初めてだ〜〜〜〜〜
めっちゃエエやん尾道!!!(住みたいポイント見つけた)
しばらく図書館の空気吸って出る。サイコー。旅先の図書館いくの大好きだ……遅くまで空いてる大きい、いい図書館だった……素晴らしいっす。
 

気になる本メモだけとって帰る。
 

散歩のち、お風呂やさんへ。ホテルについている温泉~!日帰り入浴もやっているところ。家族連れがけっこう来ていて なごんだ。
私がサウナ→水風呂 とやってると、小さい子がやってきて 入ってみようとして、キャッ!?つめたい!?!?てなってた。
かわいいやつめ
 
ゲストハウス帰ってきたらむっちゃすごいテンションでガッツガツ来まくる人がいてゲストハウスの醍醐味感じつつ、
う、う、うるせえ笑
嬉しいけど自分、コミュ障すぎてつらかった、
「えっもう今日はおやすみですかっ!?ここで今日の旅の報告とか!!」っていう押しの強い言葉に
「……いや……、」って 言ってしまった。
いや…、から切り返し始めてしまった自分に、アカンわ〜それアカンわ〜って思いました
 
いや……
……いいや、寝る!