カテゴリー別アーカイブ: エンペラーめだか

KAWARA of SAI


今日おもいついた曲(?)
 
人類が〜♪本気のダンスを神にみせたとき〜〜♪
神は〜♪
「えっ、マジ……?そんな頑張る…?そんな頑張らんくてええんちゃう?」
マジ引いた〜♪マジ神引いてる〜♪
空と君とのあいだには〜♪今日もちょっとみぞがある〜♪
 
こう、「友達になろうとして頑張りすぎて引かれる」っていう体験をおおきくとらえた作品ですね。
next!
 
今日はスタジオ5時間。せっしょんだった。
たのしいかったな〜ねみいな〜
 
とりあえず、帰りはぎりぎりまで逆向きのホームに立っててめっちゃ危なかった。
あっぶね、あっぶね。
お風呂が恋しい。
スタジオ5時間汗だく→のち居酒屋へいってだべる。その間、放置だから、まじ、お風呂、歯磨き、plz
 
面と向かって同じ言語(音)でお喋りができることとか、一緒に時間を過ごせることとか、ご飯食べれること、ぼくにとっては宝物である。なかなか自分にとっては難しいことだから。
今朝は小さい太鼓を持って出ようか迷って、重たかったから置いてったんだけど、笑 迷ってる間にポコポコ叩いてたらおよめ様がギター出してきてセッションちょっとできて楽しいかった。そういうの!
 
喉が痛いけど今日と言う日があってよかった、守るだけでは得られないなにか、こつこつ、
興味のないことだらけだと思うので、興味のあること、わくわくすることを、好きなようにやることだけに脳みそを使いたいなあと思う。
 
帰りに話したけど、ぼく個人は、バンドメンバーに求める事なんてひとつしかない、それは、死なないこと。
 

同じ時を生きてることを
なぜだか 感じさせることばは
「さよなら」
 
(リヴ/AIR)

 
しぬなよ
 
賽の河原〜〜〜〜♪
賽の目〜〜〜〜♪
 

well, 確かに俺はナスカの地上絵
やな顔ひとつせず
悪魔の鼓動と 人々の所作を
絡めて描いてる
 
(Nazca/STAn)

 
時間かかったけど持ち直した感あるぜ。音楽ありがとう。久しぶりにこんなたくさんイヤフォンミュージックしたわ、仕切り直しです
 
全然興味ないんだわ、全然興味ない、そんな気持ち。
 

甘い言葉は何もいらない、
いつかお墓に入るそのときまで
そばで笑っていてほしい
夜をミカタにして
 
(夜はミカタ/青谷明日香)

 
タイツは消耗品。さいきん、足のにおいが気になる、万年タイツより
 
自分には、誰にも言えないわけじゃないけど、べつに聞かれたら答える相手には答えるんだけど、言わないでいる、理由というものがいくつかあるなーなんて思う。
動機、っていうのは本当に大切で、
自分にとってはプロセスこそが自分、らしいので、なるほど〜なんだけれど本当に大切
 
30年ぐらい生きてきてやっとわかったけれど、自分の性分はあまり若いうちは理解できる人が少なかったなーって思う。要するに大人になったら、まあそういう奴もたまにいるよねーっていうふうに流してもらえる程度の、我儘である。
あと時代にもすごく助けられてると思う。インターネット、中学時代からそれとずっと共にあった人生
ぼくがぼくでいられるために、すごく大切だった。本当に感謝している。得体の知れないなにかに
 
言いたいことを言いたいように言えばいい、あとは勝手に誰かが判断してくれるさ、
もう僕は聴きたくない、常識的正論なんて。
好きかどうか、だし、興味があるかどうか、だと思う。それ以外何の尺度も欲しくはない、あとは向かっていく手段の可否だ
自分が好きかどうか、興味があるかどうかを、ずっと試し続けているんだと思う。
惰性なのかも?ってもし疑ったら一回やめてみればいい。何度でもはじめればいいし、やり直せばいい。生きていればそれができる。生きている間はできる。
 
嫌いになってしまった相手を、醜く憎むのではなく、愛することも、
本当にやりたければ、できる。
好きならば、できるさ、
 
 
気づけばAM2時になっていたけれど おふろは今日も最高でした。寝ようね

ローリンローリンローリンナウ

もともと面白いよ、通勤ラッシュ
驚きだよ、よくわかんないよね!
頭よくないんじゃない?って思う。素直な気持ちで
ラッシュ避けるためにフレックスタイムにするっていうのはすごく合理的だと思う。
人と同じことをしない。とゆうこと、それは住み分けだし、役割分担とゆうことでもあると思うんだけどな。
まー弊社も業務柄、9時出勤になるらしい。べつに近いからいいんだけどね。うーんだけど、早起き習慣頑張れそう〜ってかんじで利用していこうと思います
 
ほかがどうとか関係なく、あるいは関係した上で、合理的にものごとを変えるかどうかというのは結局自己責任 とゆう価値観なんだけれど、シューダンというのはそのへんがむつかしいよね。むつかしいわ、シューダン
 
今日の日替わりWikipediaの記事は、イタリアのゴールキーパーの記事だった。
イタリアのゴールキーパー。何か想像できうるか?笑
自分の世界の狭さに笑ってしまうな。
 
恥ずかしい話なんだけれど。
それはいつも、自分にとっては落とし穴に突然落ちるみたいな、頭にいかずちが落ちるみたいな、
なんともどうしょうもない衝撃だ。
でもちょっと今回、ぼくは自分に言ってやりたい。
いや、それ、何回目なんだよって。
 
かなわないなあって思う。
どんなにクリーンヒットのすげえ新曲も、何年も、何回も戻ってきて聴いているむかしからの曲には、かなわない。
と同時に、
たった今自分が鳴らしてる音楽もまた、既存のふるい曲たちにはかなわない。って、
思うんだ。
いま。たった今には。
 
めちゃくそにいい天気、
とは裏腹にめちゃくそに腹を下し体調が最悪である。
なぜだ。なぜなんだ。なんて言ってみるものの、たぶんここ数日の精神の調子の崩れと同様に、理由はうすうすわかっているんじゃあないか。
 
自分はめちゃ感情に振り回されるほうなので、そしてそれが悪い方向に動きがちなほうなので、
感情に振り回されないようにしたいとおもうけど、それが常に出来るっていうことが、ベストだとはもちろん思わない。
ライブの間なんかは感情が死んでてはだめだと思うし。むしろ、全部感情にもってってもらうぐらいがいいななんて思っている。自分はね。
それは冷静じゃない っていう意味とはまた別のことで。そういう話とはべつのところの話。
 
最近、時間ねぇ〜ってことを考える余裕がなくて逆にその意味ではスッキリしてたかもしれない。無駄なことを思い切り全力投球した感。そんなときも大事に思う
 
顔面が終わってる〜♪畜生のそれだね〜♪
 
この道あるくと切ないわ、っていうのがいっぱいありすぎて、もう関西圏は大体観念している。
しかたないし、思い出と一緒に歩くのだな
悲しかったらどうしたらいい、苦しかったらどうしたらいい、って思ってしまうけど、
悲しかったら悲しんだらいいし、苦しかったら苦しんだらいいと思うわ
 
おいしーおかゆのお店発見。点心もある。最高。
吉高由里子みたいなおねえさんとマンツーマンで会話してきたけど照れくさいので変な汗をかき、その流れで自分が汗くさいのでだんだん挙動不審度が上がっていった。
大学時代にキャバーンクラブで出会っていたなら、まっさきに乳をもんでファーッ!って襲いかかりたかった(そんな人だったっけ?そうでもないっけ?)
 
まどろみながら、うつろいながら、僕は見てた、いぇいいぇいいぇい
オッケーオッケー
 
はやくパオのひ、こないかな…友達あいたい……
友達にあったら絶対あの話すんねん!って思ってても、何か、友達に会えるだけで満足してしまい結局その話題につながる流れにならなくてまあいっか、ってなっちゃうこと最近多い
 
よく会うという意味ではバンドメンバーと喋れよ、と思うかもしれないが、あんなに喋るやつがバンドメンバーだとぼくの喋る隙はない。
 
家へ帰るために電車の駅に向かっていたら、横を歩いてくる人がいるな…これはもしや…って思ったら
ひま?ご飯行く?ってちょっと面白そうな人に声をかけられた。ちょっと好きだ!!その誘い方!!
コミュ障「暇じゃないっす、いいっす」
おうちかえう!!
はぁはぁ、もう今日は緊張するマンツーマンは無理だ!
吉高由里子似のおねいさんで限界だ!(汗臭さが)
 
生きたい
 
生〜き〜た〜い♪

愛されていることがわかるだろー


とても辛い台湾カレーとゆうものを食べ、32さいをむかえた皇帝と解散して移動。荷物をがらがら。
カレーの味も濃かったけどこの写真見てると濃すぎて辛(つら)い
 
ねむたさがねむい、久しぶりに近鉄の急行乗って 今日は実家に~かえるよ~。
 
最近、ほんとに自分でもてきとーに聴いてたことやその流れや相槌でてきとーに喋ってること覚えてないこと多いので、酔っぱらいみたいなもんやと思うてほしいな、常に。
まじ曖昧さ〜
自分にとってすげー大事なことはおぼえてるんだけどな。ちゃんと。たぶん。あれ?
 
おれを甘やかしてくれ、真剣っていうのがよく、わからないんだ、
 
自分の証明方法ってさ、自分では人生のなかですっごい真摯に取り組んできたつもりで、
ほんとに、マジ本気!のつもりなんだけど、
手段として、「消去法」なんすよね、
偽を全パターン立ててその否定をすることで証明する みたいな。
それがわかりやすいしそれしかできないんだけど。
 
小狡いなあ とは何となく勘付いているんだけども、これも別に一案にすぎなくて
しかし、なんとなく真っ直ぐじゃねえなあとは気づいていて。
でも自分は証明しつづけなければならない。自分の選んだ道、自分の決めたこと、
それが真実であり続けている己の道徳であり、芯であり、筋ってものなのだ。それを、証明しつづけたい
 
動機、動機、動機なんてどうでもいい、やり続けていることが全てで、その中で、やり続けたいのか?っていう否定案を、永遠に何回も何回も問い続けてなお、やりたい!って心から言いつづけることをやりたい。証明しつづけたい。
否定案を永遠に否定し、証明しつづけている。
だれに?
だれにでもない。自分が知りたいのは自分だ。自分が証明して知れるのは自分だと思う
 
知りたい。でもわかんない。自分のことなのにね。
 
だから、消去法なんだよな。ジャッジすら真すらわかんないから。真であることを思い込めないから。自分を疑う。
追い込んで追い込んで追い込んで、残ったことだけが真だ。
だから、「七割はわかる」。
三割の余剰は、どんだけ否定から証明しつづけても、材料が少なすぎたりして結局わからないであろうブラックボックスだと思うし、
あとは「き・ぶ・ん」とか、自分でも意外すぎる気づいてなかった要因だったり、
わけわかんね~予測なんてできね~ っていうランダムなものが、三割ぐらいは占めてるんじゃないかなあなんて。
 
そうだなあ、真摯に真剣にマジで否定をつづけてきたわけだけど、もうなんか、これだけ証明しつづけてきてなお、なんか、わっかんないんだよね。アタマではないのだな〜って。間違ってはないのはわかるんだけども。
なんなら、否定をする、っていう行為になんだか疲れてしまってる。
なんでもいいじゃん。って思う。なんでもいいじゃんって。
 
 
そんなに混み合ってるわけでもないお昼の電車、でも立ってる人が多い。
わりに、カバンを隣の席に置いて優雅に座席を使用している人の率も高い。
席は空いているはずなんだけどカバンが置かれてしまっているやつ。
大阪みたいにたくさん人がいないと逆にこういう現象が起きるんだろうか。
しかし、立ってる人たちも別にもんくもなさそうで、ナチュラルに立ってる感じだった。
まあいいかの精神
 
中学高校と通ってた乗換駅に着いた。
高校生時代、電車待ってる間、寒くて制服のままスクワットしてた記憶がよみがえる(既に人の目とかがどうでもよかった人格が確認できる)。筋トレをやりたかったのだ。
 
実家の最寄り駅に着いたら、いつもどおり母が車で迎えにきてくれた。
自宅は全然、徒歩15分ぐらいの距離なので それほど遠くないんだけど。高校時代も電車で通学してたけど歩いて帰っていたわけだし・・・
でもなんか有り難い。荷物多いから。でもなんか甘やかされてるな。笑
 
ちょいと掃除のつづきでも…と おばあちゃん家に来ましたが、ソファでだらける始末。眠さに勝てなかった。
昨日夜更かししたものな。
結局、今日は片付けとかせず、ひたすら寝ちゃった……お部屋ポカポカでさぁ……なんかツヤツヤしてるかも……
自分で片付けて整えた(つつある)お部屋の、整えた場所で、お昼寝できるしあわせ〜
じゃんじゃんいくぞう
すっきりしたアタマでちょっと次のこと考えれたかも。おうちへかえろう。
 

わけを訊いてはいけない
聞けば泣いてしまうだろ
ただじっと見つめていよう
愛されていることが
わかるだろう

(Teach your children/キセルがカバーしたver.)

 
自分はもっと人の表情、かお、目を見て、感情を読み取れるようになればいいのにな、って思った。
あんま目を見て話すの、苦手なんだ、別に必要ないって思ってる? 部分も多分あるし、っていうか自分がどんな顔してるか読み取られそうで怖いという臆病も感じ取れる。
べつに表情かくせないし隠そうとすること ほぼないんだけど、笑
そうじゃなくて、自分が、どんな顔してるかわかんないから、どんなふうに伝わってんのかも想像つかないし、誤解で読み取られるのが、こわいな。
 
だいたい、怒ってないしナメてないし、てゆうか説教されたくないし、
おまえのこと何も文句言わないから、おれのことも文句いわんとってほしいだけで、
あああ、むずかしいよ!シンプルがいいね!
だいたいどんな人でも嫌いじゃないよ、ぼくはたぶん敵じゃないよ、結構およそその程度だよ、
 
元々ぼくにはよくわからないんだ。
でも、わからないで放棄するだけでは、よくないと思った、多分それは優しくないと思ったから、
せめて勉強してわかるようになりたいと思った。
人間のことが好きなんだ。
 

愛の究極系
痛いのもIt’s OK
ダイナマイト 導火線もー燃えてる
世界が終わったって
神が死んだって
なんだろーと来い、見透かしてやる

(nazca/STAn)
※歌詞違うかも

 
くそー、恥ずかしいぐらいわかりやすいなあ。だめだな…だめにはなってないんだけど。なんか久しぶりに超快便だぜ!とか。ああ〜〜
睡眠、だいじだ……すごく久しぶりに脳みそすっきり気分。
 
そういえば昨日、改めて、ムレた足のにおいめっちゃヤバいなって思ったんで気をつけていきたい。。
万年タイツの名はダテじゃないな。元気くんのブーツ無臭の原理ってどうなってんねやろ……………
(ずっとドラム叩きながら履いてたはずのブーツ、脱いですぐ臭いかいでも、無臭っていう男)
 

天にものぼる気持ち
思いがけない夜、
不思議な音楽が鳴ってふたりは踊るのさ

(天にものぼる気持ち/ヘロン)

 
よるはまだまだ、肌寒い〜
お母さんといっぱい話す時間もとれてよかった。
すごい自分は幸せ者だなあと思う。ありとあらゆる面で。
 
おばあちゃんのアルバムの白黒写真に写っている人、今はもう「これ誰なんだろ?おばあちゃんの友達かな?」っていう人とかもいて、もっと時代がすぎれば、それが誰だったのかわからない状態へなってくものなのかな?って思うとさみしい。人物紹介コメント書きまくりたい。
 
いつか、誰かがこれを読んだときに…っていうのが、自分にはやっぱり すごく あって、
自分にも、ぜんぜん知らない誰かにも、ずっと期待をしていたい。
「どうせ…」とか、「まあこんなもんでしょう」とか、「想定範囲内」を、
想像を、かるがると超えてみせる、人間の精神のちからを、
ぼくは愛している。
 
自分は、自分を、がんばらないといけない

きろく:GROUPエンペラーめだか ライブ@愛知 鶴舞DAYTRIP


このコラボ思いついたやつ天才だと思う
(遂行まで行ってくれて本当に良かったってなんか思う、全然しらないけど・・・イメージで・・・)
 
新幹線ってかっこういいな、顔がシュッとしとるもんな。
人生でシュッとしたことがないから、うらやましいよ!!!!!!!!
 
京橋から自由席の定価よりちょい安い指定席で愛知県むかいます。
隣に座る子いいこかな?
チケットセンターのおばちゃんは、むちゃ親切に、ぜんぶの値段とか説明してくれた、素晴らしいサービスだった。なんか最近そういうの会わなくて。(遠い目)
 
新幹線の車窓から、カインズ、ニトリ、コーナンが固まっているのが見えてほっとした
この頃は、お気に入りの漫画の萌えシーンのスクリーンショットを眺めてニヤニヤしてる生活。だいたい。
この景色、牧野、樟葉みたいだわ。って思っていたらその対岸にいた。
橋本と大山崎あたりに橋がかかればいいんじゃない?って思うと何だかワクワクできる
 

今日です
 

…………ずるい…………
 
今回のライブ先、鶴舞デイトリップは、なんと前に何度か来たK.D.ハポンの真ん前にあるライブハウスだった。
全く気づかなかった。
地下にあり、黒い壁面にたくさんのポスター、お客はスタンディングで見る、コンクリートな感じの、
まさにザ・ライブハウスであった。
 

うれしいやつーーーーー!!!!!!
 

ライブが始まって数分で、何とかドラムセットさんは言うことをきいてくれた。
私はスネアさんとペダルさんぐらいしか機材を持っていないので、会場によってぜんぜん違う個体とその組み合わせで一緒に演奏をすることになる。

リハーサル時点ですぐに仲良くなれるドラムセットさんもいるし、
本番中ずっと言うことを聞いてくれない相性のわるさだってたまにある。
まあタイミングはともかく、仲良くなれると、一緒に、いいなって音を出してくれるようになる。
「いい子ね」って、
頭のなかで思う、
 
「THEコスモ少年」とゆうバンドがめちゃくそよかった、初ライブって言ってたけど本気なのかよ、かつてない渾身の魅力、ガツンときすぎて、つらい、ぐらい、おすすめなので、ぜひ。
そう、こういうときにバンドおすすめしあうような友達がいません。
 
今日は、最初の愛知つあー、K.D.ハポンで対バンをして
エンペラーとマブになった(マブっていう言い方、ざっくりで、好き、大好き)、
名古屋ヒューマンズ とゆうバンドの、ふるた君がまた見に来てくれたんだ。
ヒューマンズは前に京都にもライブをしに来ていて見に行った。
めちゃ面白くて格好いいバンド。うひょーってなる。人間の可能性は無限大なのだって思える
 
愛知・三重のツアーのときにはいつも駆けつけてくれるんだけど、
今日はうちの母も見に来てくれて、
こんな音のでかい空間に馴染んでいてよかった。笑
 
で、秀右(エンペラー)ともども、朝までふるた君コース。
今池へ移動してー、あらたると(おしゃれなカフェ&バーといったかんじのお店・・・マスターちょういい方)、中華料理やさんに、大大大(居酒屋)でピザたべたり、なんかずっと食ったり飲んだりしてたな
たのしいかった………おかげで喉が破茶目茶だよ!
でも、気になっていた トクゾウ(とゆうライブハウス。噂通り、とってもいい雰囲気のところだった)もいけたし、夜更かししてよかったー。
連れ回してくれたお二人ありがとお。
ぼくは酒がのめないし タバコの煙も苦手なほうなもんで、あんまり酒飲む人と一緒に行動しても気を使わせてしまうところがあってよくないよねーと元々思っている。
お互いにね!!
だからまあ 自分はいつも、無理をしないよう いいタイミングで切り上げて、ということを心がけたりするものなのだけど。
でも今日は まあいっか。という感じで。
 
わがていこくの皇帝 おたんじょうび おめでとおございます。
生きてくれ。ぼくはそれをのぞみます。

加速する5月

今年もそろそろ意識がぶっ飛ぶぐらいには時間が加速してきましたね。
昨年よりかはゆるやかなはずだ。
予定を入れないようにしている。
これはぼくの昨年の体験からの反省であり軌道修正だ。
でも、そうだな、
時間をゆっくり取ること 余裕を持つこと。
その点を生活の中で守るようになってから、
何をしていいのかよくわからない時間というのが増えた。
もちろん、むろん。
やらなければいけないこと。また、やりたいこと。のタスクは常に山積みの状態であり、メモを開いたり カレンダーを見直せば 次に何をやれる?今のうちにやるべき?
っていうのはわかるのだけれど。
 
メモもカレンダーも見ず、ただ、自分に問うてみる。
つぎ、なにやりたい?
いま、なにやりたい?
 
………わかんないなと思った。
つまりさ、「考えない」を、やりたい。
考えたくないんだ、本当は。
ただただ、ゆっくりしたいんだ。
考えるのをやめたいんだ。
 
何もしない、何も考えない。
ぷか〜って、ただ、浮かんだ状態から。
 
あ、そうだ!あれやろう!って、
思いつくまで、動くまで、放っておいてほしい。
そしたら自分は自分でも気づかないうちにそれに向かって動いてしまっているんだから。
やろう、ってアタマで思う前に、やってるんだ。
それはとても自然な流れだから。
 
非常に強い紫外線。
 
最近知った単語:IDE
今日知ったやつ:cloud9
 
少し自分の技術向上の勉強に対して動きはじめる。
以前勉強したおかげで、記事の中に出てきたSaaSとゆう単語がこわくなかったぜ!
説明しろと言われるとむりだけど。大体
 

今日の新製品
 
とある楽器の演奏のレッスンを受けることにした。んだけど、今日、やっと1回目のレッスンを受けることができた。
レッスン終わりに、とりあえずここ数ヶ月の、マジで頭爆発するかと思うようなしょうもないやり取り、完結した。
途中から本当にどうでもええわ〜って思うのに必死だった。でも最後までこりゃだめだわ〜とは思った。
本当にしょうもない。
まあいいや…もう…とりあえず、いいこと考えてゆきましょう。わくわくすること〜!!
 
いっぱい繋がってんだな〜っていうのをいつも遠くから眺めてニコニコするのが楽しい人生。
思えば大学時代からずっとそうだったな〜キャバーン、見てるの大好きだった。
眺めてニコニコしますゆ。おれはおれで。
 
告知し忘れたまま当日を迎えるけど、明日、土曜日はGROUPエンペラーめだか、鶴舞デイトリップとゆうところで御ライブです。
いっぱいでるバンドでるいっぱい。
持ち時間は25分とすくなめだけれど、いつも通りきばりま〜す。エンペラーお誕生日です〜〜
あした起きれるとは思うねんけど、問題は家をまともに出れるかどうかだな。
 
味覚も、毎日のなかで慣れたりするんだな〜っていうのは、実生活の実体験で思っているのだけれど、
もしかして慣れてるのは、嗅覚なのかな?味覚のほとんどの印象って嗅覚にあると思うんだよね〜
嗅覚って、慣れるもんね〜すぐ。
なんてね
 

どうすればいい?って思ってぼーっとする。
どうすればいい?って思ってる間は、とりあえず何も考えてはいない。
どうすればいい?って思っているのだ。

(2017/4/7の日記より)

 
賽銭箱に財布ごと 入れれるくらい 健やかになりたい。

すたじおだけした

起きてひとシャワー浴び、身支度をして家を出発。
スタジオへゆく。
今日はちょっと新しい一歩、の日だった。
これからどうなるかなーなんて楽しみ。
 
スタジオ終わり、メンバーと解散してから少し ひとりで散歩して帰る。
地図を見ながらふらふらするけれど、やっぱり特にどこへも立ち寄らない。
 
誰かに期待しすぎない、ということは時に冷たいことだと思う。
ただ、誰かに期待しすぎなければ、あまり傷つくこともない、
また、自己責任の中で完結するので想定外の邪魔が入ることもなく、そういう意味での自由に近いと思える。
だから正直、そうなりがちだ。経験則から学ぶならば。
でもそれが極端に、極論にいってしまい、誰にも期待をしないということになると、
意外なよろこびや 意外な発見や 意外な自分とすれ違わずに生きるということになってしまう。
気がする。
 
バランスって大事だ って何事についても思うけれど
バランスを取れるほど人間できてねえなとも思うんだ。
そんな上手にいかねえよなあ。
 
最近はだいたいアプリで漫画を読んでます。
漫画に熱中して、没頭して、なーんにも考えず、全然違う世界に飛んでいる時間が
たのしい。

アンサー

今日のウィキペディアあーてぃくるは、インドの独立戦争?のはなしっぽかった。
今日はお天気。
 

なつかしいやつ出てきた。
 

考えても仕方のない、考えたくない事ばっかり考えてしまって面倒くさいなーって思う。自分はどうしてしまったんだろうな。
今日は図書館に本の返却にいって、そのついでに散歩〜ということをしていたら今の時間になっている。
とても幸福だし十全である、なのに、余計な事が、心身の60%ぐらいを病ませている、そんな感覚だ。
 
道理が通ってないことはしてないつもりなんすけどね、
もちろん24時間ではないけど、今起きてる面倒なことに関しては本当にそのつもりで。
でも、そっかーそういうふうに扱ってこられるんだなー、とゆう。
諦めみたいな、がっかり、納得いく説明でもなく、どうしようもない閉塞感、世の中への諦め、みたいな。
 
ああ、全部やめたいな。全部やめて富山に移住する。笑い。でもちょっと自分の望みと100パー合致してるわけではなくてね、
死も、天災も、べつに納得がいくんすよね、納得がいかないのって、納得がいかないんすよね、笑
んー
 

図書館の帰りにニュートラム。暑いぐらいのお天気で。
日差しでなんだかとっても眠かった。笑
 

女王蜂のアルバムはQ、ツアー名はAだった。(ライブ当日に知ったことだけど)
アンサー、
それが今の、自分のテーマに掲げられている言葉の気がする。
“アンサー”だ。
 

パフェしばいて帰宅

きろく:GROUPエンペラーめだか ライブ@西院NASHVILLE<春の西院ミュージックフェス>


GROUPエンペラーめだか ライブ@春の西院ミュージックフェス、ありがとおございました。
差し入れ、ありがとネ★★
 
我々は15時から、西院NASHVILLE(ナッシュビル)とゆう老舗ライブハウスの一番手でやらしてもらいました。
とても調子が良かった。んがっ!ていうような「ミス」は所々あったけどそれ以上にすごく何か「降りてる」感じが久しぶりにあった。
ただそういう降りてる「感」に頼りたくはないなっていうのも思ったりするけど、
そういう瞬間の、「そいつ」に出会うためにやってる気もしなくもない。
 
自分は、話せばわかる っていうのを信じていて、でも、どんだけ話し合っても、むしろ話し合えば話し合うほど分かり合えない、気持ちが通じなくなる、っていうのが実際に存在しているのも知っていて、それが、音を鳴らして混ざりあって、わあーってなれた瞬間、なんかわかりあえた気持ちになる、
それがすごく好き、わーってなって、がーってなって、笑い合えてる瞬間、分かり合えないことが、溶けてなくなるみたいで、
音で話ができるっていう仲間、っていう言葉はすごく自分にとって腑に落ちるもので、そんなすごいアレは自分には備わってないかもしれないけど、大きい意味で捉えて、とてもしっくりくるなーって
 
誰かにとってはそれが絵だったり 誰かにとってはそれが珈琲だったり、映画だったり、漫画だったり、スポーツだったり、テレビだったり、するのかなって想像する。
そうしたら、「孤独だ」って思っていたことが、実はあんまり孤独じゃないのかもしれない、って想像する。
言葉が違っても、ただ言葉が違うだけなんだって思えたらいいのにな。ちがうかな。話し合ってだめでも、鳴らせば君とは話ができるじゃない。ちがうかな。
なんて思う
想像したいなって思えるから想像する。
 

今日のベストアクト
 

春っていっぱい歩けていい〜!歩けがち。
ほとんど散歩してた気がするけども楽しんだ〜。風はたまに冷たいけど、もお春だねって言い切っていいよね、いいよね。上着を脱ぎ捨てる時かな
 


ぶらぶら歩いたら、嵐電の車庫があって最高でした、二往復した。
 

なにかを追いかけることはなにかを追いかけないことよりかは力のいることだと思うから、なにかを追いかけることが楽なことだとは思わないなーとか。
だいたい おじいちゃんよりおばあちゃんのほうが長生きするっていうのは不思議だなあ。違うとこもあるだろうけど、身の回りは大体そう〜なぜなんだろなーとか。
 
ふちがみとふなと まで二時間あったので、ぶらぶら歩いてたんだけど、ぶらぶらあるきすぎて、10分前に到着したらすでに会場満席であかんかた。。また普通のライブのときいこうと思う。
 
せっかくだしと、ネガポジで最後の2バンド分の演奏を見てから帰る。
 

前も撮ったことあるけどこいつ好きだわ、意味があるのかないのかわからないところがいい。
 

まわるまわるグルグルまわる、
吐くまで踊る、悪魔と踊る

 

この出入り口いつも気になる。。かっこいい。。
 
あっすごい、めちゃ筋肉痛!お風呂しっかりつからな。

きろく:GROUPエンペラーめだか ライブ@京都二条nano

信仰の先に宗教が立つだろうか、宗教のうちの選択肢の中に信仰が存在するのだろうか、
今の時代の日本となっては「宗教」という言葉のくくりに入るようなものであれば後者の事ばかりなのではないかなと思ったりするけれど、
人々の意識の中にあるシキタリを宗教と名付けるのであれば そこには前者が、ごく普通の社会に紛れ込んで大量発生しているだろうな。そしてそれは健全だ。なんてゆうふうに僕は思う。
説明が下手くそ過ぎてこの文章、自分でも後で読んでわかんなさそうだな。別にいいけど・・・想像してくれ、未来の自分よ
 

今日は京都 二条nanoにてGROUPエンペラーめだか ライブでした。
 

◆2017/3/11(土) @京都 二条nano
<13周年月間 第9夜
feat.カネコアヤノ「さよーならあなた」リリース記念>

カネコアヤノ(バンドセット)
オワリカラ
プププランド
GROUPエンペラーめだか

17時半開場/18時スタート
予約2500/当日3000円

 
一番手でやらしてもらいました。
面白い夜だった。この流れの中完全にアウェイやろなって思って、実際お客さんからしたら我々の存在はアウェイだったんかもしれんけど、我々の出番から すでにお客さんいっぱい居てくれて いや、その理由は勿論きっかりはわかんないんだけども、
いっぱい見てもらえて嬉しかった。それが何よりで、あと、全体のバンドの組み合わせと、流れもとてもいいなーって思って。
あーやっぱいいハコなんだなあ なんて 思いました。
 

ライブ前にひとり、散歩してぷらついた。控室に居るのもなんだかアレだし、身体を動かしていたほうが良いと思う。
夕暮れの街はやっぱりとても綺麗だった。
 

ぷらついてたて見つけたお店を名前でぐぐってみたら 全く違う、知らない土地にとばされた。せんせーい!初耳でーすGoogleせんせーい!
 

今日のセットリストです。メモに。
 
今日のベストアクトは完全にオワリカラであった、元々、人に勧められたことがあって CDをレンタルして聴いていて、好きなかんじはあって、でもライブのほうが完全によかった。単純に私のレンタルしたCDは古いんだろうし。
オワリカラ は すごくオワリカラ色があって それがすごく、不思議な感覚にさせてくれて、好き。
泣くような曲調じゃないのに涙が出るぐらい、素敵だった。
新曲、ベルトコンベアーの曲最高だった、つよい、さいつよ。
私の音源持ってる曲はたぶんいっこもやってなかったけどすごくよかった、9年も続けてて新曲がものすごく良いバンドってすごくいいなって思う。
 
あとオワリカラのベースの人が、人物でゆうとベストアクトでした。動き最高。
ゆっくり回転しながらベース弾いてるんやばかった。ゆっくり半回転ぐらいで一回、停止して、しばらく弾いてからもう一回、続きから回り出したときに「アッ!!」てなった
ギターボーカルの人もめっちゃ好き、素晴らしいキャラクター、たのしかった~
 
●●っていう名前のバンドがいたとして、●●節 っていうのが、曲に出てしまうっていうの、すっごいいいと思ってる。バンドぶし。
それがないバンドもいっぱいいる気がする。演奏はきれいでノりやすいけど特に心に残らない、とか。もちろんそんな音楽が必要なときもある。(BGM的なやつね。)
 
今日は私の好きなドラマー、イナがお客で来ていて、ちょっと喋ったり ひざカックンされたり ホールド技かけられたりして
なんかコミュニケーション??できて嬉しかったよ★
イナはすごく仲良くなりたいけど私のコミュニケーションスキルがぜんぜんレベル足りてなくて会話が難しいってかんじなので、ついったーに書いておいて遠回しに伝われこの気持~って思いました。
(しかしべつに見られてなくても無問題です、発言していくことが、個人的に重要なのです。)
イナに限らず ライブをやるといろんなひとにあえてうれしい。今日は久しぶりに会えた人が何人かいた。
 
人類にとってしょーもない世間話をする、という事ってすごく大事だと思ってる。健康になれそうだし、そういう会話をできる相手がいる、という事ってすごく、、すごい……うっう〜
うう〜〜会話が苦手だ…………
しかし、まじ喉が限界だ、のどいてえ〜〜むりだ〜〜おれ、タバコむりだ〜〜〜うえ〜〜〜
 

nanoで飲めるおすすめドリンクはクロレラ茶です。リピートしてます
 
帰りの地下鉄ですごい酔っぱらいとすれ違いざまに、めっちゃ顔ガン見されながら「タイプやわぁ〜」って囁かれたので頑張ります。ありがとうございます。酔っぱらいは苦手です。
でも、誰しも、その勢いと勇気があったらなぁ〜って思うときはあるよね。
見習いたいところはある。
ある
 
めっちゃお腹空いて帰宅して、すきやきうどん がフライパンにあって、格好の餌食になったところです。
およめ様には明日あやまります(でも食べて怒られたことないし、多分食べていいやつだと判断した)
自分のライブ前に、スフレなコンビニスイーツ1こ(大きめ)と唐辛子のお菓子1袋とを交互に食べていてお腹ふくれていたけど、ライブ終わった時点ですごくお腹が、減りました。物質、どこに行くんだろうナ??
 

唐辛子のお菓子これなんだけど、ライブ前に8割ぐらい食べちゃったけどちょっと残してて(ありもと君にあげそこねた)おいしいかった〜。とまんね〜系。
 

空白に向かってゆくよ音楽は
 
(空白に向かってゆく/シュリスペイロフ)

 
今の自分には「何も言えない」ってそう言わなきゃいけないことが多すぎるんだろなって思った。
2012年の日記を読み返していて、
やっぱり何も言えないと言うべきなんだろうけど、
どうして自分が今ここに立ってるかの道筋を久しぶりに思い出した気がした。
 

きみは、私のことを考えてるとか、思いやってる、だなんて一言もいわない。
それでも、君といると、
生きろ、って君が言ってくれてるように、私は思える。
ふしぎだ。
うそくさい説明なんていらないのか。
それが、優しさ、か。

 
なぜ?と問われるとやっぱり理由じゃなくて、結果が先にくる、ただそれだけだと思う。
生きていてよかったって思ったことがあるから生きてるんだろうし、バンドやっててよかったって思ったことがあるからバンドやってるんだろうし、日記を書いていてよかったって思ったことがあるから日記を書くんだろうって思う。
僕はそれをやめられないと思う。
ただ、生きていてよかったってことが 思い出せなかったり 今がつらくて思い出すのが余計に辛い時だって来るから、続けられるかどうかは、運だと思う。
ぜんぜん いいことなんか思い出せなかったし いいことを思い出すのが、そもそも辛かったなーって 限界点を振り返ればそう思える。
 
思い出の良し悪しは現状の満足度で決まる。
私は私の思い出を、良くしたい。

きろく GROUPエンペラーめだか ライブ@三重 四日市 ドレミファといろは

ライブでござました。
 

◆2017/2/18(土)@三重 四日市ドレミファといろは
『心の森に花の咲く』37話目
 
GROUPエンペラーめだか(京都)
堀田ショチ夫
杉野明日香(大阪)
佐藤守晃(愛知)
 
18時開場/19時スタート
1800えん(ぺらー)+要ワンオーダー

 
四日市ドレミファといろは ありがとおございましたっ。
最後の打ち上げんときの印象が強すぎて、今回のライブの印象自体が「堀田三兄弟」になってしまってエンドだった・・・。
三兄弟めっちゃええな〜、でも、これ育てんの、まぢ大変やったやろな〜って思った
 
ライブをおえて、終電で無事に実家に帰宅。
 

きょうとても嬉しかったことは、これまでも実は壊れてたんだけど ライブで使っている、めだか木魚 をやっとこさ修理できたこと。
いっぴき逃げ(外れ)かけてたんだけど、接着!!
ゴウさんのアドバイスのおかげでやっと固まってきたよ!!!いけそう!!!
後でやすりかけたほうがよさそうだな〜
 

なんか終電のため駅に向かってる時になってとつぜん、四日市の気になる部分がいろいろ発見された。
これは大通りにある、「なんで?」って言いたくなるオブジェ(鉢植え)
これが大通り沿いに等間隔に登場するかんじ。
四日市の文化かな??
 
あと駅の方でライトアップとかやってるんだね〜。駅のホーム上から見たらすごく規模小さかったけど、いいとおもいました。
 
そして帰りの電車で、同級生に声を掛けられる事案発生しました。おどろいた。でもうれしいかった!!
 
男子ふたり、小学生ぐらいしか喋ったことない 気がする ような人たちなんだけど、
飲み会の帰りらしくて、酔っ払ってたおかげか声かけてくれてうれしかった。
みな立派になっていたし、めっちゃ身長小さかってギャーギャー騒いで遊んでたような子が
ハイパー長身になってて、おとなになる、ってすばらしいと思えた。。
ナイスガイたちでした。
 
わたし、マジで地元に友達いねえし、連絡とらねえし、
ただフェースブックは気が向くと余裕で友達申請しまくるほうなので(ネットのちからを利用)
繋がってはいるけど全然遠目にたま〜に見てるぐらいで、本当に関わりないんすよ!!!
地元にも一切貢献してないしなーそんな人間に対して、ありがたいぜ~
てゆうか、私って一瞬で気づいてくれたらしく、それもうれしかった。
 
でもやっぱ飲むとかになると四日市まで出ないとお店ないんだなあ。笑
名古屋はさすがに帰ってこれんくなるからいかない〜って言ってた。うん、たしかに。
ぜんぜん地元に関する自負とかないし、ふだん 三重の人〜って言われることもないんだけど
四日市に帰ってくると楠の人〜って言われてカースト感じるのおもろい
 
帰り道があいかわらず電灯少なすぎて真っ暗で、ぎゃくに安心しました。
駅もまじ人いねえわ。安定しているわ。
 
自分が整えた部屋に自分で帰ってきて寝れるの、すごくいいなあ。うれしいな
キープしてくれてるのは母だけどさ。頑張ってよかったって思える。
家に帰り、落ち着いたところで、深夜に腹が減ってしまった。やばい。
もっとドレミファのおでん食べたかったな…タイムリミットちかすぎた〜
 


今回はひさっ ぶりにライブ映像撮ってみました。あんましライブしてる自分の状態、意識してねえし、あんまし反省もできていない昨今。参考にできたらな、と思います
なんか、思ったより録音された自分の声、ふつうに自分の声やわ。違和感ないわ
慣れたのかな、録音された声に
 

ぷにょんの話してるくだり
 
とりあいず、帰宅してすぐ弟にミニギターさんを借りてきて、少しだけ弾いた。
我々姉弟は、持ってるギターもきょうだいです。ほぼおなじー
すこしずつ、できた曲を身体に馴染ませていく。
この曲にはすごくバイオリンいれたい。バイオリン興味持ったのも、弟がバイオリン持ってたからもあるけど、
いくえみ綾の漫画にそういう話があって面白かったからだし、この曲のモトも、この人の漫画からだから、まさに、だなあ…
っていう曲。
 
今日はリハ終わりの時間にチェロとコントラバス二重奏聴いたりしていたな。ひさしぶりにユーチューブを活用した瞬間だった。
朝、なにかのパクリかもしれないけど、ピアノとその他の弦楽器(中音と低音ってかんじ。)の曲がものすごく鮮やかに頭に浮かんで、これ、形にしたい…!でもどうやって…!って思ってるうちに家を出る時間でわすれちゃった……打ち込みできる環境とか、ほしい。笑
とりあえず頭の中で鳴ってる音がなんの楽器でどう再現できるのか?っていうのを知っておきたいし叩き込んでいきたいと思ってる。
 
今日、ライブを見に来てくれた母のお友達(というより 良くしてくださるご夫婦)より差し入れでもらったお菓子を
少しかじってお腹が満たされた。
よくねむれるだろー。