カテゴリー別アーカイブ: ごはん

はつ京都水族館


結婚ってさ~やってみて、どうなん? とかいう質問は……
仕事ってさ~やってみて、どうなん? みたいな質問だと思う。
仕事によるだろうし 自分自身の価値観とかに合ってるかどうか、だろうし…
 

にちじょ
すべてがFになる の漫画版があったので借りてみたけど、小説に勝てるはずがないなーと思った。
むろん、入り口が増える という意味では、あってもいいのだと思うけれど、
入り口から、原作が素晴らしい場合は、原作まで一旦たどり着いてくれればいいなあとも願う。
 


前に、日本人の死因ランキングを自発的に調べたことあって、そんときは項目名が理解できん。で終わってたんだけど
まあ、覚えていて、
がん は、悪性新生物に入るんだな。
ということが今日わかった。
ほどなる
 

ネガティブなんじゃなくて、ネガティブなことも思考する能力があるんすよ、俺。(ポジティブ)
そういえば前の仕事の勉強会のとき、累進課税制度 って答えられたの嬉しかったなって話かいたっけ
 

今日はねー

初めて京都水族館に行けた。
 

鉄道博物館の方には散歩だけ行ったんだけど、京ちゃん(京都市バスのキャラ、むっちゃかわいい)の銅像?ができてて一番テンション上がった。
「撮って!一緒に撮って!!」っていうめったに言わないこと言ってしまった
 

京ちゃんこれです おくちも、お花もはみでてるねん。ルールとか関係ないねん。すき
 


やっぱなんというか、こういうところに来て写真を撮るときに、ラッキーだなーって思うのは、
「夢中になって何かを見ている人間を、なにげなく撮影することができる」ところである。
自分もその人間の一部なのだけれども、それ以上に、なんていうか、群れて一生懸命になっている人間というものは、非常にいい。
水族ながめてる人族 は おもしろい。
 


チンアナゴとゆうものを初めて見たきがする。(記憶にないだけかもしれない)
 
なんていうか、同じ方向を向いて 砂から生えたり ちぢんだりしているその不可思議さ(下はどうなっているのだろう)もあるんだけど、
そういった、あんまり何も考えずに群れをなしているような雰囲気をただよわせつつ、
 

むっちゃケンカ?してるやつを見つけてしまい とてもおもしろかったです。
 

 


ここはいわば、実際にオリジナルで存在している生物、生態系の超ミニマムコピーを見て回れるアトラクションであるという事なんだとおもうんですけど、
 

そう、なんか劇や映画とかを見ているときと同じで、一緒に「見ている」人類の存在があることや、アトラクションの裏方として活躍しているスタッフの姿を、いいなーって思うわけです。
結局はフィクションで、でも、フィクションを一生懸命用意してくれていることがそれ自体で感動できて、面白いっていうか。
それって、情熱じゃないすか。
 

お気に入り 加工したけど、加工する前からカラフルにとれてました。偶然
加工後/加工前
 

 


やっぱりアトラクションだからこそ出来ることっていうのがすごく良くて、(そりゃそうなんだけど)
くらげがめっちゃ間近で観察できる、ってすごくいいなーと思いました。ずっと見てられる!
 

加工お気に入り順
 

 

夜にホタルの夕べ というイベントがやっており、水族館は当日再入場が可能っていうことがわかったので、
せっかくだからその夜のイベントに合わせて戻ってくるかーとゆうわけで、
合間の時間になぜか バスに乗ってまで パフェ食べにいったりした。
 

計画では ネットの記事で見たことがあって 結構有名店っぽいパフェのお店のやつを食べてみたくて、お店の前まで行ってはみたものの、
さすが、もう 長蛇の列が半端なくて、記事で紹介されるぐらいの人気店って、こういうことなんだなーって思って一瞬で諦めた。
でもパフェ熱が冷めきれなくて わざわざ北大路通り?けっこう水族館からどんどんエリア離れていって、しかもバスで移動したけどもう 京都って土日すごい人じゃない。立ちっぱなしとかでけっこうくたびれて。笑
パフェにありついた時に癒やし感半端なかったなー
 

今はもう動いていない古い電車に乗ったり、今も動いている古い電車に乗ったりした。
 


夜の水族館にもどってもう一周した。ホタルのイベントを見てきたけど、それほどリアルホタルではなかった。
でも夜の水族館も雰囲気ちがって、いいなと思ったので、これはいい機会だろうなと。
夜編で一番よかったのはやっぱり 掃除のためか、展示されてた魚とか石とかを、水槽の上から人の手がさらっていった瞬間に出会えたところ。
 

 


番外編:およめ様モデル編
 
やっぱ人間を撮るって、基本的に景色撮るより数倍面白いんじゃないかなーって思う。
もちろん人によりけり、景色によりけりだけれど。
 
Googleフォトさんによると、一年前の今日周辺は海遊館にいっていたらしい。
今は水族館びよりなんだな
 
今日はちょっと、体調不良のなか出かけてしまい、案の定終日体調わるくて、疲れすぎて、
お風呂入ってるけどなんか全然温まった気がしなくて肩まで浸かってゆっくり数えた。
けど暖まった気があんまりしない。
 
明日はピアニカわすれません。(こないだのスタジオピアニカわすれた)

起きたーーーーーーーっっ!!
やべえ、会社遅刻!?って思ったけど違った。
いずれにせよ遅刻コースのようだと気づいた。洗濯しよう
 
なんか・・・・・・・
さぶない!?
 

君の機嫌は天気雨
どしゃ降りなら中央線で
 
(2人のストーリー/YUKI)

 
一日のやる気を部屋の片付けに使うことにしてしまった。でゅーん。
今日は近頃の念願かなって、サーモンアボカド丼にしたよっ。次はまぐろでやるよっ。
えのき、焼くだけでうまいし天才だよな、しいたけもめっちゃハマってるし、きのこ、いいよな。
 
夕方になってお買い出しゆく。
16時。今日初がいしゅつ。
 


夕方カフェにライブをみにいった。食べ物 おいしかった……ぺろり
結論:エンペラーめだかは名前と楽曲と歌声のわりに、見たかんじが怖いとおもいます。はじめての方は、ライブよりまずは音源から入っていただくことをお薦めいたします。メンバー的には以上です。
 

 

意訳:CD買うてくれや
 
ねむい。
寒くてけっこう限界。
家を出たときは暑かったんだけどなー
外さぶいわ、まぢ体調くずしちゃうわ。やっばいぜ
けど少しだけ歩きたくてさんぽ。
 
ちょっと道をそれたら、取引先の会社あった、支社いっぱいあって京都が本社のところだけど。
こないだ挨拶に来てくれたところの会社さんだ〜って思うと。
きゅん
太秦ゆきのバスとか見て、映画村(撮影所)に仕事でいったな〜とか思いだす。
ウェーブ(記憶の)
 
やっぱあたしね、ギターソロがすきなの。
ソロいるやろがああああああ!!!
って感じなの。
 

in bloom in bloom in bloom now.
「人は笑いを表現できるただひとつの動物だった」

音楽が足りないなー、という変な気持ちになってる、
かっちり当てはまる形のピースを探したい。足りないな。
それとも感情が死んだだけかもしれないけれど、
もっとクリティカルなやつないかな、新しい音楽いろいろききたいな、って思い始めた。
 

お願いよ、目覚めてよ
枯れたふりした落ち葉

 
そういえば今年、5月病ってきてた??
お宅来ました?5月病??
なんか目まぐるしかったし、っていうか大体やる気ないから、通常通りだった気がするなあ。
 
まぢ眠気すごい、限界。最近日付こえる前に就寝モードだったし。限界。ねる
 

だめだ〜♪おれはもうだめだ〜♪
Oh Yeah〜♪
おれはもうだめだ!だ!

汗キテル

君は当たり前
のように頷きと
あるいは待っている
それには及ばない
答えようとしてる
声になってない
 
(冬の翼/スネオヘアー)

 
スネオヘアーのひと、むちゃくちゃに好きで、いつか富山のフェスで「情熱」っていうバンドで最後に演奏しててちょうよかったなあ。こんな音源をつくりたいって思う。
バイオリン弾き始めてから、ストリングス?の音がとてもよく聴こえるようになってきてその景色を想像する。たのしい。そのまま曲を聴いたら、すごく面白いところで弾いてるんだな〜っていうのがすごく楽しい。「音」として聴いていたものが、もっとはっきり見えてくる。
 
音の景色とか、感情の波そのものっていう意味で言うとさ、ピンクフラッグにかなう曲はいまないんだけどな。
色がすごいなよ!あとね、いっせいに芽吹いて波になってるんだー
 
 
最近よく夢を見る。でも朝が忙しくてすぐ忘れてしまうことが多い。
今日の夢はおぼえていた。
周りの「こうしてほしい」「こうすべき」に、途中までは従うんだけど、土壇場でダッシュで逃げ出す夢だ。
周りは「なんで」「そんな急に」「あなたのためなのに」と言うのだけど、それに対してやっと理屈で説明できる言葉がわかったのが、いざダッシュで逃げ出してから、だったなあ。
逃げ出す前は、「なんかすごくいやな気持ち」で、「ただ従ってるだけの自分に嫌気」という感覚だったきがする。
 
京都駅の周辺にいた。歩いていたな。
京都駅なのははっきりしているんだけど、景色は微妙にどこかわかんなかった。京都タワーとかなかったし、思い出せるちゃんとした京都駅の要素はいっこも夢の中にはなかった。
 
新幹線に乗って行かなければならない、のだけれど、ついてきてくれている顔見知りの人がふたり、いるのだけれど、
新幹線乗り場で、ダッシュで彼らを振り切ったのだった。
 
土壇場で何もかもを拒否した。
でも、自分にはそうする理由が正当に、ある、と思った。
ちゃんと説明できる、と思った。
新幹線乗り場に着くようなタイミングでしかまとまらなかったけれど、ちゃんと、理由があったのだ、って わかったんだ。
 
まあそういうわけで、今日は夢が深すぎて、
めちゃくちゃに眠い。
戻ってこれなくなりそうな深さとゆうやつだ。
 
今日のお昼、外を歩いていて思ったけれど、
夏に向けた女性のスタイルって素晴らしいな!この季節いつも思う気がするな!
攻めと守りのリベンジ番長〜
 
自分はというと、あかん…毛が…毛がもう、刈り上げたい。短い毛っけぜんぜんもたない(すぐ伸びて状況が変わっちゃうとゆうか)なー。
切ってから半年はもってほしい。というか半年に一回しか美容院にいかない
脇汗がすごい。きた。来てる、
来てるよ~~~~
っていう感じです
 

社内にあるモバイル端末の整理役を自ら買って出てしまった為(いや、必要なんだけど…)、恐ろしい数のガラケーの刑に処せられてそっと閉じた
今年の夏休みの自由研究のテーマは「私の知らない弊社の歴史」かなぁ
まず、そもそも使える端末がどれほどあるのかと、それぞれの充電器がどれなのかのパズルを解きにいく 前に、
ガラケーそもそも検証もうしない。っていう事で普通にオールクリーン案もでているよ。とりあえずガラケーに用はないのでスマホと分別した。
ガラケーもワイファイで接続できる輩がいるらしく、つかえるかも…って思うことがネック。
 
べつに仕事はぜんぜん暇ではないんだけど
ついに、車内端末について調べないといけねえような案件に差し掛かってしまったのだ…no!
 

手帳ひさびさに開いたらこれ出てきた。字…
やすいブロマイドのなかから選んだやつ
すごいpicture
手帳はというと、3月の末でとまってた。まじか。ほいでもう5月が終わるなんて、まじかあ。。。。
 
さみしいのでhiyokoめんつに連絡をとる。
たまには、みきおに会いに★行きたいyo★
予定あわすの、たぶんチョ~むずいけど、みなで音あそびしたいyo〜〜〜
 
 
夜になり、 今日の予定をやっつけにいく。
明日も夜は予定がある。でもオンデマンドなやつ。(オンデマンド言いたい季節、why?)
予定、常にオンデマンドであってほしさ、ある。
 
牛タン定食というメニューに惹かれて晩御飯に入ったのだけど、
頼んだやつがぜんぜん、自分の思ってる牛タンじゃなくて悲しくなったの巻。
でもおいしいからOK。
お味噌汁もお新香も ずっとそばにいて。って思う。(?)
 
ご飯食べに来て、「お先にお飲み物を」って来られると、つらい、
みず。
みずがのみたいです。
 
イェェェェエエエエエエーーーーーイ(閑話休題)
 
なんつうか思えば、こんなに食べるものにお金をかけられる身分になれて、素晴らしいね〜って思う。
大学を卒業したあと、京都に暮らしながらバイトしてた自分は、
一定以上の外食とかをすると 死ぬので、
ほぼ毎日、コンビニのおにぎりか、
近所の250円弁当を食べていた。
 
250円弁当ってなんやねん、今思うと。
どないなっとんねん。
…ほしい、会社の近所に。
ない!!
そげな幻かは〜
 
しかし、会社も一緒だけれど、
いま儲かっているからといって、節制の心を失うと、出費は無限だから、いっしゅんで無くなってしまうし、
もし儲からなくなって、今のような生活が出来なくなったときに苦しいきがするから、気をつけないとなあと思う。
 
たまの贅沢とか、やりたいことへの注力とか、身の丈に合った程度の出費は必要だと思うんだけど、
基本的な毎日の生活について、
儲かる前の生活を、儲かったあとも続けられるべきだよなあと。
 
コンビニおにぎり生活を続けろ!って意味じゃねえけどな。
でも、殆ど毎日そうしないと生きていかれない、
そんな頃も、ぼくにはあった。
 
いっぱい食べたもので、と、地下鉄に乗らずに定期券の使える駅まで歩くことにした。
というか運動不足がエヴリデイなわけで、できればもっと歩きたい。時間が許すならば。
 
Googleフォトの通知がきて、振り返る何年かまえのこと。
2015と2016はすごく、いそがしかった気がするな。
そしてすべてを放棄した2017…(だっけ?)
ちがうよ!ゆるふわでGO!なだけなよ。
 
 
はからずも、あかいぬ宅のちかくを通る、日曜も来たばっかりだ。
よるの景色から思い出すのは、
あの頃のかおり、
あのころ通過したみち、交差点、
道に迷って迎えにきてもらったっけな。
キャバーンで一回集まった、カラオケとか、飲み屋とかさ。
通り過ぎる。
ひとりで何度もふらふら歩いていた頃もあったな。
あと、前の会社のとき、お昼休みにこのへんまで歩いてきてたなあ。っていう通りへ出る。
過去の自分が横切っていった。
真夏のひざしのなかでさ、日傘をさすのを覚えた頃が思い出される。
大きな本屋へ寄ってさ、新しいもの探してメモして帰るんだったっけ。
 
最近、けっこうこのへんの、すごいオフィス街だからだけど、来る機会が何回もあって。
なんか、行く場所って、ちょうど何回もかたまるなーって最近思う。
縁というか、流れのようなものが、固まりやすいというか。
そういうのを何となく感じる。
そしてその流れには逆らえない。
 

あー、ああ、 いま、自由だよ
あなたに出会えて変わったの
不思議なくらい、いま、自由だよ
いのちが燃える音をきいたの
 
(青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている/原田郁子)

 
はあ たのし…
 
地図を見たときは「ちょっと遠いかもな」って思ったけど、案外、すっと歩ける距離だった。
身体は暖まっていい感じだ。
時間が無限につかえるなら、このまま、また家まで歩きたいぐらいの気分。

駅に到着する。最後の記憶は、およめ様と中華を食べに来た思い出。
ぼくは音楽をイヤホンで聴いている。
いつもの半笑いで、おうちにかえろう
 

脳トレ現在値。遅さと、解決能力の低さ

いっぽんのニッポンの夏

金土日と、普段そんな喋らないのにめっちゃ喋って喉を酷使したため、喉がもうガラガラである。声のだみ声感がすごい。
(でも個人的には、自分のもともと甲高い声がいやだったので、どちらかというとだみ声ババア感のほうがイイぜ)
ちょっと都会の空気を吸ったら刺激でゲホゲホ咳が出た。
 
心がそろそろ9月に向かっている。
oO(・・・)
 
エレバティの日からもー二年たつらしい、うおー、はえー
今日は久しぶりに、ふつうのウェブページコーディング一日勝負をやっていた。
気持ちいい……
生きてるってかんじ、する…(あれ…)
普段やってるコーディングは特殊すぎる制限ありありのやつなので、バックグラウンドのオプションすら久しぶりにつかえてめっちゃうれしいやつやった。無駄にリピート無限させたい。リピート無限。ああああ(一瞬でダサくなるやつ)
 
この業務は今日中に終わらせないと爆死するやつなので他の業務牽制かけつつ1点集中でゴーっといく。
内容的にはとてもかんたん かつ親切な内容だったので、むしろ半日ぐらいで終わった。
うっしゃ。あとは積もったやつハケる!はけまくりたい。
そういうときに限って、しばらく静かだった細々した修正依頼が鬼のようにきてるぜ!!なんなの!?もうちょっと早くくれよ!
 
お昼ごはんに出て、豚しゃぶうどん頼んだら、立派な豚しゃぶうどんの横に、立派キムチと、立派盛りのご飯が付いてきた。それ、いるやつか!?いるのか!?
ただ、最近むちゃ食いしている、なんならずっと食ってるかんじの私は、ふつうにスッて平らげた。スッて。
やばい。
 
定時で帰り、スーパーで買い出しをした私は、家に帰ってすぐ豚しゃぶ ごまだれ キムチのせを作った。
これはその、お昼に食べたうどんに載っていたものを丸パクリしたものである。
これだ!って思ってパクりました、本日二食目的なやつ。うまい。
 
およめ様は私より遥かに料理上手だが、私が下手なりに何を作っても、だいたい喜んで食べてくれる。ありがたい。
うめ〜って言いながら、わたしは昨日コンビニで買って帰ったスパークリングワインのお酒を、およめ様は赤ワインをのんだ。
ポカポカで 適度な飲酒いいかもしれないと思いました。養命酒的な扱いですね。
 
豚しゃぶは、ぱぱっと作れてすごくいいと思いました。またつくる。
これからのシーズン的にもさっぱり食べれて美味しいきがするなあ
(普通のこと言ってるなあ)
 
また会社のスリッパで帰ってきてしまった……会社に残されているのはちなみに、底がぶっ壊れた長靴です。直したい
 
相変わらずメール(個人の)が、まじ見れてない。
ていうか…最近、量がすさまじくて、理由は自業自得なんですけど、そんな多いと見る気がでないよね!!
 
ああ〜この空気感、
夏が、くるのね

らいざっぷkeya旅

長いゆめを見た気がする、いちど3時ぐらいに起きた気もする。
夢の中身はとてもいろいろ詰まっていた気がする。
思ってること、思ってないこと。
深いこと、浅いこと。
でも色々詰まっていたわりに、起きたら、すぐ忘れてしまった。
 

昨日は一次会だけでホテルに直行する組にまぎれて帰ったはずなのに、もう、相当、疲れていて、ねむい。
起き上がれ〜起き上がれ〜起き上がれ〜
って感じで頑張って頑張って起き上がった。朝。
 
とゆうのもホテルの大浴場が朝から開いていると聞いていたので、ぜひ入りたかったのだ。
貸切状態で楽しんだ。すごいよかった。
朝食バイキングにも行った。佐賀名物・いかしゅうまい美味しかった〜、
 

昨日もホテルの窓から見えていた、魅力的な神社のぼってきた。
 


 

そのままコンビニまでさんぽ。とりあえず、今日はあつそうだし、女子と一緒に移動するので、ウェットティッシュを購入する。すでに汗。
ひろーーい川があって、ながーーーい橋が架かっている。とてもたのしい。
 

一旦部屋に戻ってダラダラしているうちにチェックアウト時間になり、
昨日、3時ぐらいまで飲んでいたらしい女子たちと ロビーで集合する。
それで起きられるのがすげえと思う。私ならマジ、目覚ましが鳴ろうが 地震が起きようが 電源スイッチが切れてしまっており 入らないので 気づかないと思う。(気合という概念は無い)
 
今日は職場の女子たちと一緒に、一日佐賀であそんで帰る。しあわせだ・・・
総合してすごくマイペース、全く無理せず、マッタリ感あふるる旅でとてもよかった。
 

各駅停車(しかない)の電車でのんのこ移動し、駅から ばすつあーみたいなミニサイズのバスに乗って、
海側の、でっぱった島のようなほうへ移動して。
景色がおもしー。佐賀来ると、あ〜好きっ。。ってなっちゃうから危険。
玄界灘〜!玄界灘〜!
 
暫くいくと、バス内で、
「これより先は、バス停でなくても自由に降車できます。早めに乗務員にお知らせください。」ってアナウンス流れた。
えっ、、まじ、、えっ、、
ざわつく我ら
そんな理想的なバスある!?!?ルート内であれば半タクシー的存在やないか
 

観光ガイドマップでも結構有名らしい、「糸島」の芥屋の大門(けやのおおと)というところに行ってきた。
簡単にいうと 島の先っちょに、デカイ岩・鍾乳洞があり、その眺めがすごいのだ。
小さい船が出ていて、有料でそこまで乗せていってくれて、目の前でその鍾乳洞とか、岩を眺める事ができる。
 

のったやつ
 

 

海の青さ、透明度ハンパない
 


これが芥屋の大門(けやのおおと)。
波が静かなときは鍾乳洞の中まで船で行けるらしい。今日は波がエライことですごい揺れるレベルで、ぜんぜん無理だった。
っていうか鍾乳洞めがけてバッチバチに波しぶき上がってて、本当にこの中に入れる日があるのかよ、と思った
 

 

この建物、横から見るとこんな感じで 地元の個人経営のスーパーマーケットとかを思い出すけど、
お店の正面に回ると、超おしゃれな建物に改装?されていて、ハンドメイドの食べ物とか雑貨とか販売しているマーケットが開催されていて、トッテモ今時で、おしゃれでした・・・
しかしサイドがこれで、すごい味わいをかもしているため、正面の写真は撮りそびれた。
 
のちの、博多駅前のスターバックスでオシャレだらりモードを決め込み、
博多だからということで、予約していただいていた モツ鍋を食べにいきました。
 

ヤバイ。罪の味
 
博多の駅のお土産まみれエリアに、明太子のからすみ みたいなやつ、売ってた。。
買ってもうた。。以前、名古屋つあーのとき、あらたると(カフェ&バー)で頂いてからずっとカバンに入れててこそこそかじってたやつ。
(酒のツマミ、ちょう好きだ)
ただこれ、塩分そうとうヒドイので、まじあかん
 
最後に博多のマグロ居酒屋へ行ったけど 素晴らしかった。新鮮なマグロの素晴らしさを知った。
なんていうか、あんまり美味しいマグロが食べられる場所に住んでいたことがない私は、
寿司食べに行っても、マグロを頼む気にならないというか、ほかにもっと美味しいネタあるからそっちの方がいいじゃん っていう意識もあって、
正直マグロのポジションとしてはそんなに高くなかった。
でも今回、人生で初めて(たぶん)マグロ専門店というか、マグロの解体ショーもやっているというこの店で、どさどさっと乗っているマグロを食べたところ、
マグロだけでいける
って思った。
新鮮なマグロって 素晴らしい。
 
マグロが女性の身体にとてもいいということは知っている。(理由:ネットの記事で読んだから)※ネットが言うんだから間違いない思想
ので、出来ればぜひ日々の生活の中で食べていきたいな〜と思うものの、
なかなか コスパが釣り合うことがない。どうせお刺身買うんだったらサーモンとかにしちゃう。
おいしいマグロを安く食べられるのはやっぱ海の近くとかだと思うので難しいのだろな〜
 

マグロのすごいやつ。
このあと、後ろにうつってるスマホ持ったおっちゃん、「おれも食べたんだ!でも写真とりそびれた!」って写真撮りに来た
 
shing kang seng again~最終の新幹線で帰る~
なんか、いいんだろうか、新幹線の指定席に乗せてもらえて帰れるなんて〜♪
プライベート旅だと新幹線は価格面でまだまだ自分の身分に見合わないため 断然高速バスとかであるのだけれど。
距離的なものを考えると飛行機(LCC)とかも使うけど。
新幹線ってとても速い。楽ちんだし、快適だ。
日本ってとても広いと思う。意味がよくわからないほどに。充分すぎるほどに。
 
ウェットティッシュ使うの完全に忘れてたっていうか、案外汗かかなかった。移動長い。
よる、さぶめ。
およめ様はbnb君と一緒にタイコクラブってやつにいってるらしいので、ちょっとさみしめの自宅に帰宅。
タイコクラブ、和太鼓めっちゃいっぱいみたいなの想像したけど、違うらしい。オタイコヒルズはいってみたいけど、違うらしい。
 
googleフォトでむかしの写真見返してたら、前職で、大学の取材いって撮りまくった教授の写真めっちゃでてきた。わろた。
なんだか安心してる、自分が欠けていて良かったと何となく納得したいのだ。自分が全くもってきれいな女、という生き物でなくてよかった。
そう思ってるんだ。
 
 
静かな夜はやっぱり考えてしまうな、これは病気なのだ。
よく眠って よく食べて よく笑っていれば治るかもしれないものだ。

床と兵庫(と私)

am3じまえ、腹をめちゃくそにくだして起きる。2ポイント追加。(ポイント取得基準:かわいそう度)
 
のち。一回寝てもっかい起きる。
今日は土曜日。住んでるお部屋の床がピンチっぽかったので 業者さんと管理会社の担当者さんが来て、床張り替え工事スタートをしてもらった。
昨日の夜と今日の朝、いっしょうけんめい、ちょっとずつ ひとりで ものどかすの大変だった………………
私の住んでいる部屋は大きく分けて二部屋で、片方はキッチンとお風呂、片方は居室ってかんじの空間だ。
居室がいま、避難してきたものたちであっぷあっぷしている。笑
ちょうどお掃除もできてよいかも、と思ったが、水場とかぜんぶ封鎖されてるので動けないかった。
のんびりしよう
 
しかし、キッチン側だけでも、ものがなくなると、一気に人のにおいがなくなって、
引っ越すみたいな寂しさがはみ出してきてしまう。NO!ダメ!ぜったい!
 
チュイーーーーーーン ガガガ
みたいな音がとなりの部屋でしている間、私は居室に引きこもらされるはめになるのであった。
出かけてもいいのかなとか思ってたんだけど、管理会社の人いわく、ちゃんと居住者が立会してる、という形が必要らしいので、あんまり出られては困るそうだった。笑
 
しかたないので 物だらけの居室にて、ちょっと棚の中身の整理とかはじめる。
 

大学時代に、壁掛けで使ってたカレンダー出てきた。ひどい。
飢えと寒さ…
 

初めてエンペラーめだかに出会った頃、
大阪城のお堀のそばでお弁当たべて、ずっと一曲だけリピートして聴きながらピンクフラッグの歌詞いっしょうけんめい書き起こしてたときのノート でてきた、
あなたの悲しみ、のとこが 楽しみになっている。笑
せいとん〜

2012年5月の10日だったらしい。
つづけてノートをめくると、その頃、必死に何かを掴もうと、立ち上がろうと、もがいてる自分の姿がそこにあった。
 

デジハリ時代のノートとかも改めて見直すタイム、ににに?
最初の会社の業務ノートも出てきた、「シンプルかつ大胆に これ重要」って書いてある。真面目か!
 
おれは真面目だ
 
ためこんでた紙類とか雑誌類とかけっこうあって、次々捨てることができてとてもいい時間を過ごせた。
ずっと居室でのんびりとしていたのだけれど、さすがにキッチンが封鎖されて三時間経過。腹が減ってきた。
しかしここにキッチンから退避させてきた、グラノーラと、豆乳ドリンクパックと、食器があるので、いける。と思った。
もぐもぐ
 

ふるぼけた街に一人きりの灯台
照らす光はまえに、光とぎれぎれに
絵ノート 久しぶりに発掘してお絵かきしてもうた、なつかしー!
一日1ページ、って決めてたな。ぜんぜんかけんかったけど…この5冊目のノートのはじまりは2007年だったらしい。古い!
けっこうえんぴつで描くのにハマってたというか、えんぴつが実家に山ほどあるので消化するためにえんぴつで描いてた記憶があるけど曖昧だ
 

これとかめっちゃすきだわ。これはボールペンだな
 

絵ノートに常にはさまっているのは、愛用のTUG(東京アンダーグラウンド)の下敷きだぜ…じょうぶだぜ
 

カシッ
キャンパスでかいのは爽快だな
 

なぜか、かじる案を出す
 

はぷ
 
めっちゃムカつく表情の女とか描いてた。表情とか動きの全体おもしー。筋肉がやっぱり、ぜんぜんむずかしいけどたまにまぐれでいける感じがすごい楽しい
 
そうこうしているうちに工事は終了。
床むちゃきれいになった〜。ミシミシもゆわない!へこまない!わーい
っていうか、朝からスタートして、約6時間…。。ちょう頑張ってくれたんすね。。お疲れ様でした・・・
床の下って どうなってんのかな、邪魔だろうから見てないけど。
わ〜!!本物の大工さんやぁ〜!!
って気持ちでした(そりゃそうなんだけどさ、普段話すことがない あこがれの職業の人だから・・・)
 
~大切にしよう、この床を~
 
大工さんたちを見送り、そこから兵庫県へ移動。
兵庫is far
 
今日は神戸であそんだ。
ライブ見たくて神戸の予定だったんだけど、ねむすぎて断念した。
ただメリケンパークでソフトクリーム食ってただけで脳みそがチルアウトした。
日差しが凶悪だったなあ。
 

そのあと薄れ行く意識で、明石海峡大橋をみにいった。
 


 
帰りぎわに、おいしそうだったので三ノ宮の第一旭ラーメン食べてきたけどとっても美味しいかった。
備え付けのたくあんおおきい。。こういうのちょうすき。
 

知らなければ 知らないままで終われた、なんてこと山ほどあるだろうな。

木炭3kg

ボクはひとりで連日連夜、いろんなものと戦ってゐる
世界や日本の歴史や 最近じゃ自分の歴史とも。
いつでもさうさ 何かと戦った気分で生きてゐる
文明やあらゆる偉人や 友情や恋のかけひきと。
へヘイヘイ、なんてな、
素直に 素直に生きられりゃあ
どんなにいいだろう!
 
(地元のダンナ/エレファントカシマシ)

 
情熱のかなたに何がある?

カッコつけてもカッコつけてもカッコつかない男だ!
いつの間にか忘れてたよ
 
口笛と すり減った靴
ありったけのデカイ声
もっと欲しがれよ!さらけ出せよ!
永遠の田舎者
 
(永遠の田舎者/フラワーカンパニーズ)

 

NASAらしさをもとめる私に
 
今日、およめ様に「起きたほうが〜いいんじゃないかな〜?」って起こされたら家を出るべき時間の15分前だったので、見た目がひどい
風呂に入りたいって願う率、高くなっていく。夏へ向かっている。
もし社の近所にシャワールームあったら駆け込んでるなー
 

仕事おわり、およめ様と合流し、
はからずも、昨日にひきつづき中華料理~を食べる~
 
うまかでした、しかし、もう、眠さが半端なくて、だめだと思います
ねむさと、風呂に入りたさが、いずれもマックス。
 
先週の愛知でのライブに母が三重から来てくれていたということを書いたけれど、
生き生きしてる娘を見るのがうれしいって、他の人に話していたみたい。
ありがたい、一体どこからそのような、と思う。理解しがたい
 
でもそうだなあ、京都にいたとき、…何もかもだめで、あれもだめで、それもだめで、みたいな時の自分を見ていたのだものな。本当に、
 
全部がだめでも、全部が無駄ではない、のだろーな、
 
思い出の善し悪しは現状の満足度で、きまる、
おれの思い出を、おれは良くしたい、
いつだって
 
今年はhiyoko、恒例の春のレディへ祭り まだやってねぇなぁ~って
ソワソワ。
 
今日もお風呂に入れたし、思い残すこたぁねぇ。
 
だめなばっかじゃ、
ないと思います。

愛されていることがわかるだろー


とても辛い台湾カレーとゆうものを食べ、32さいをむかえた皇帝と解散して移動。荷物をがらがら。
カレーの味も濃かったけどこの写真見てると濃すぎて辛(つら)い
 
ねむたさがねむい、久しぶりに近鉄の急行乗って 今日は実家に~かえるよ~。
 
最近、ほんとに自分でもてきとーに聴いてたことやその流れや相槌でてきとーに喋ってること覚えてないこと多いので、酔っぱらいみたいなもんやと思うてほしいな、常に。
まじ曖昧さ〜
自分にとってすげー大事なことはおぼえてるんだけどな。ちゃんと。たぶん。あれ?
 
おれを甘やかしてくれ、真剣っていうのがよく、わからないんだ、
 
自分の証明方法ってさ、自分では人生のなかですっごい真摯に取り組んできたつもりで、
ほんとに、マジ本気!のつもりなんだけど、
手段として、「消去法」なんすよね、
偽を全パターン立ててその否定をすることで証明する みたいな。
それがわかりやすいしそれしかできないんだけど。
 
小狡いなあ とは何となく勘付いているんだけども、これも別に一案にすぎなくて
しかし、なんとなく真っ直ぐじゃねえなあとは気づいていて。
でも自分は証明しつづけなければならない。自分の選んだ道、自分の決めたこと、
それが真実であり続けている己の道徳であり、芯であり、筋ってものなのだ。それを、証明しつづけたい
 
動機、動機、動機なんてどうでもいい、やり続けていることが全てで、その中で、やり続けたいのか?っていう否定案を、永遠に何回も何回も問い続けてなお、やりたい!って心から言いつづけることをやりたい。証明しつづけたい。
否定案を永遠に否定し、証明しつづけている。
だれに?
だれにでもない。自分が知りたいのは自分だ。自分が証明して知れるのは自分だと思う
 
知りたい。でもわかんない。自分のことなのにね。
 
だから、消去法なんだよな。ジャッジすら真すらわかんないから。真であることを思い込めないから。自分を疑う。
追い込んで追い込んで追い込んで、残ったことだけが真だ。
だから、「七割はわかる」。
三割の余剰は、どんだけ否定から証明しつづけても、材料が少なすぎたりして結局わからないであろうブラックボックスだと思うし、
あとは「き・ぶ・ん」とか、自分でも意外すぎる気づいてなかった要因だったり、
わけわかんね~予測なんてできね~ っていうランダムなものが、三割ぐらいは占めてるんじゃないかなあなんて。
 
そうだなあ、真摯に真剣にマジで否定をつづけてきたわけだけど、もうなんか、これだけ証明しつづけてきてなお、なんか、わっかんないんだよね。アタマではないのだな〜って。間違ってはないのはわかるんだけども。
なんなら、否定をする、っていう行為になんだか疲れてしまってる。
なんでもいいじゃん。って思う。なんでもいいじゃんって。
 
 
そんなに混み合ってるわけでもないお昼の電車、でも立ってる人が多い。
わりに、カバンを隣の席に置いて優雅に座席を使用している人の率も高い。
席は空いているはずなんだけどカバンが置かれてしまっているやつ。
大阪みたいにたくさん人がいないと逆にこういう現象が起きるんだろうか。
しかし、立ってる人たちも別にもんくもなさそうで、ナチュラルに立ってる感じだった。
まあいいかの精神
 
中学高校と通ってた乗換駅に着いた。
高校生時代、電車待ってる間、寒くて制服のままスクワットしてた記憶がよみがえる(既に人の目とかがどうでもよかった人格が確認できる)。筋トレをやりたかったのだ。
 
実家の最寄り駅に着いたら、いつもどおり母が車で迎えにきてくれた。
自宅は全然、徒歩15分ぐらいの距離なので それほど遠くないんだけど。高校時代も電車で通学してたけど歩いて帰っていたわけだし・・・
でもなんか有り難い。荷物多いから。でもなんか甘やかされてるな。笑
 
ちょいと掃除のつづきでも…と おばあちゃん家に来ましたが、ソファでだらける始末。眠さに勝てなかった。
昨日夜更かししたものな。
結局、今日は片付けとかせず、ひたすら寝ちゃった……お部屋ポカポカでさぁ……なんかツヤツヤしてるかも……
自分で片付けて整えた(つつある)お部屋の、整えた場所で、お昼寝できるしあわせ〜
じゃんじゃんいくぞう
すっきりしたアタマでちょっと次のこと考えれたかも。おうちへかえろう。
 

わけを訊いてはいけない
聞けば泣いてしまうだろ
ただじっと見つめていよう
愛されていることが
わかるだろう

(Teach your children/キセルがカバーしたver.)

 
自分はもっと人の表情、かお、目を見て、感情を読み取れるようになればいいのにな、って思った。
あんま目を見て話すの、苦手なんだ、別に必要ないって思ってる? 部分も多分あるし、っていうか自分がどんな顔してるか読み取られそうで怖いという臆病も感じ取れる。
べつに表情かくせないし隠そうとすること ほぼないんだけど、笑
そうじゃなくて、自分が、どんな顔してるかわかんないから、どんなふうに伝わってんのかも想像つかないし、誤解で読み取られるのが、こわいな。
 
だいたい、怒ってないしナメてないし、てゆうか説教されたくないし、
おまえのこと何も文句言わないから、おれのことも文句いわんとってほしいだけで、
あああ、むずかしいよ!シンプルがいいね!
だいたいどんな人でも嫌いじゃないよ、ぼくはたぶん敵じゃないよ、結構およそその程度だよ、
 
元々ぼくにはよくわからないんだ。
でも、わからないで放棄するだけでは、よくないと思った、多分それは優しくないと思ったから、
せめて勉強してわかるようになりたいと思った。
人間のことが好きなんだ。
 

愛の究極系
痛いのもIt’s OK
ダイナマイト 導火線もー燃えてる
世界が終わったって
神が死んだって
なんだろーと来い、見透かしてやる

(nazca/STAn)
※歌詞違うかも

 
くそー、恥ずかしいぐらいわかりやすいなあ。だめだな…だめにはなってないんだけど。なんか久しぶりに超快便だぜ!とか。ああ〜〜
睡眠、だいじだ……すごく久しぶりに脳みそすっきり気分。
 
そういえば昨日、改めて、ムレた足のにおいめっちゃヤバいなって思ったんで気をつけていきたい。。
万年タイツの名はダテじゃないな。元気くんのブーツ無臭の原理ってどうなってんねやろ……………
(ずっとドラム叩きながら履いてたはずのブーツ、脱いですぐ臭いかいでも、無臭っていう男)
 

天にものぼる気持ち
思いがけない夜、
不思議な音楽が鳴ってふたりは踊るのさ

(天にものぼる気持ち/ヘロン)

 
よるはまだまだ、肌寒い〜
お母さんといっぱい話す時間もとれてよかった。
すごい自分は幸せ者だなあと思う。ありとあらゆる面で。
 
おばあちゃんのアルバムの白黒写真に写っている人、今はもう「これ誰なんだろ?おばあちゃんの友達かな?」っていう人とかもいて、もっと時代がすぎれば、それが誰だったのかわからない状態へなってくものなのかな?って思うとさみしい。人物紹介コメント書きまくりたい。
 
いつか、誰かがこれを読んだときに…っていうのが、自分にはやっぱり すごく あって、
自分にも、ぜんぜん知らない誰かにも、ずっと期待をしていたい。
「どうせ…」とか、「まあこんなもんでしょう」とか、「想定範囲内」を、
想像を、かるがると超えてみせる、人間の精神のちからを、
ぼくは愛している。
 
自分は、自分を、がんばらないといけない

のんびりTENPO&COSMO

ゴールデンウイークのうち、実家最終日。
のんび~り起きて過ごしつ、お昼から 最近帰省時の恒例、おばあちゃんち の過ごせる化 いわゆるお片付け
作業をやりにゆきました。
母方のおばあちゃんは既に亡くなっているのだけれど、今もそれを引き継いだ母がお店をやっていることもあり、
暮らしている人も今はいないため 暮らしていない部屋がどんどん朽ちていってしまわぬよう、
われわれが 遊びに来れたり 過ごせたり 使えたりする化 をしたいなーって自分が勝手にやっているものです。
 
ただ私が趣味でやっているため、自己満足度が高く、テンポ感はひじょうにおそい。笑
今日なんかは、ほぼ 片付けというよりは椅子の座面縫う作業で終わってしまった。
 

座面の木が丸見えになってしまってて座りにくかった椅子の、スポンジわた詰め足して修繕、いちおうかんりょー!
まえ着てたキャミソール生地をつこうた。
イーリャ時代に、スティックの素材として残しておいたスポンジをリユースできた。ちゃんとした座り心地になってよかった。私がパソコンデスク時代に使い倒していた頃は、座面の木が痛くて 気になっていた。(でも特に直さず捨てるわけでもなく今に至るぜ!)
 
しかし時間とられるなー、もっと色々片付けたかったんだけど。
実はもうひとつ、大きい椅子があって 座面がスポンジ丸見えなので、何かカバーを作りたいといったところ。
ただ、大阪から買ってきた布地が意外と薄いので もうちょっと分厚い布地ほしいなーといったところ。
ころころ
実は布地類は ばあちゃんち、呉服屋なので うなるほどあるはずなんだけどな。笑
ちょっと、とりあえず座面は後回しにして 堀潜っていってから布地を見つけつつにしよっかなー
 

なつかしいの出た~
弟と私である。
弟の方が美形である。
私はむかしから毛がウネッテルな、そして化粧が似合わずけばい
 
かまへんよ
 
掃除をすすめるうち、ふる〜いおばあちゃんの写真とかアルバムで出てきて。
本当に古い写真は、白黒で、とてもちっちゃいサイズだった。
割烹着で電車かバスに乗り込む人々の写真とか。すごい。どんな空気感だったのかな、いまと別に変わらないのかな、いや、違うだろうな〜とか。
 
そのアルバムのところどころに、新しい写真が貼ってあって、私たち兄弟のもあれば、いとこのお姉さんのお子さんのもあって(おばあちゃんからみたひ孫)
おばあちゃん、追加で貼ってってたのかな〜って思うと胸キュン
ぜんぜん時系列ちがうから新しい冊子にすればいいのに、混ざってるところもなんか良いんだ。
 
明日はひさぶりスタジオす、そのため、今日中に大阪へかえる。
特急に乗るため、特急が発車する駅まで送ってもらう 前に、
お気に入りの おいしーパスタとか食べれるお店で 家族全員で 晩御飯して、
っていうかパスタとかピザばっか食ってるやんけ。
お見送りしてもらい出発。
自分は甘やかされて育っているなあ~~って改めてこうして書くと思うすね。至れり尽くせりだなー
 

今日のアプリ猫・にゃにゃみ(名前)のようす
COSMOーーーーーーーー
 
この休み中、新しい漫画が読みたい欲がすごくて、実家でのんびり過ごしてる時間に無料漫画アプリでいろいろ読んでみたけど、これはいい!ってやつ、いくつかあった。買うかネットカフェいこう。
なんかこう、胸キュンしたいっていうときに、少女漫画だと、ものによるけどだいたい無になるので、BL漫画とかの方がいいなーって思った(でもこれもものによりけりで、突然意味不明なノリで性行為に至るのはやめてほしい)
こう…ピュアなかんじのBLでこう…お願い…お願いします…

ファミリー日和

朝、父&母の日課(?)である、コメダ珈琲へのモーニング食べに行くコースに頑張ってついていく。
起きてそのまま出たため、自分のねぐせ等が素晴らしい。
実家に帰ると、たまには運転ぐらいしてみようかと名乗り出るものの
普段の信頼(頼りがい的な意味)がゼロであるため、「死にたくないから」と言われて運転をさせて貰える事はない。
(愛を感じるという事にしておく)
 
一度家に帰ったあと、およめ様が車で到着。
私の冬服だとか、シーズンオフの物を実家に置いて帰る目的もあったので積んでもらっていたのだ。
なぜ昨日とかに一緒に帰ってこなかったか、などなどの理由は面倒くさいので端折らせてもらう
われわれは一族全員があまり型にはまりすぎない変わり種であり、フリーダムファイターなのだ。
(なんか格好いい感じの説明ができたぜ!)
 
そう、今年のゴールデンウィークは完全に実家に帰るということに重きをおきました。
ものすごく長い連休にも出来たのだけれど、それで家族みんなで旅行にでも行こうかとも最初は考えてたんだけど。
正直、考えてみたらGWに旅行って・・・お金とか 時間とか 労力とか 色々無駄にかかりすぎるなーっていう考えに至ってしまい。しかもすんごい混むっていうおまけつきで、「別に予定を決めてまでどこも行かない、気が向いたらその日に行ってみる」が正解、という事にしました。
そもそもうちの家族は混んでるところも嫌いだし アウトドア派人口少ないし。(父だけアクティヴ・アウトドアメンだよ!でも人ごみとか流行りモノイベント系は好きじゃない方だよ)
 

弟は忙しめなので置いていき、で、みんなで父の実家のほうへ行きました。
父の実家には、もともと父方のおばあちゃんがずっとお世話してきた みかん畑があって、
そのみかんも 近くに住む親族たちでお世話をしてくれているそうなのだけれど
そろそろ寿命とかで植え替えたりしているみたいで、
場所も余っているから 使うなら何か植えてみる? ってかんじで、うちのおよめ様は畑をやるのが好きなので
ぜひ一回見に行ってみよう! という事で今日という日の予定が出来上がったのだったった。
 
久しぶりのおばあちゃんちはやっぱり懐かしさいっぱいで、もとは家族がいっぱい暮らしていたから広くて、
すごくいいおうちだなーと思った。
場所が 愛知県知多半島の けっこう海の近くにあって、夏は海水浴にいける。
イーリャのイベントで、ものすごく近くにきた事もあったな。笑
 
お昼ごはんは海岸沿いのおしゃれなレストランへ行って たらふくスパゲッティーだとかピザをみんなで分けて食べた。おいしかた~~~
自分はイタリアンだとかスペインだとかフランスだとかはよくわからないので何料理だかは忘れた。
 
畑を少し見て回って、少し耕してみて おいもを植えてみて、
とりあえず今日のところは終了~
 
帰りはサガミ(和食屋さん)で蕎麦を食べてかえる。
この実家の安定お決まりコース感はおちつく。
みんな全然、普段のご飯にこだわりとかがないし 大体おいしいのでチェーン店で落ち着くのである。
おしゃれなお店とかへ行くことも確か あるけれど 堅苦しくないところがいいのだ。お父さんつねにサンダルだし。(お気に入りStyle)
 
帰りに おさかな市場みたいなとこ寄ってお土産いろいろ買うた~。
ぜんぜん愛知県の特産でもないのに 単純に安売りしていたので明太子を買って帰る、私とおよめ様などである。
OK!素質あり!!
 
さて、われらフリーダムFamiliesはというと、
とりあえず およめ様はそのまま実家を後にし、福井県の実家へ向かっていきました。
私はそのまま三重の実家にのこり、のんびり過ごします。
父は明日の早朝、予定があって新潟の山へ帰っていくので起きた頃にはいないであろうとの事。
 
は~ 帰省時のわたしの寝床で存分にダラダラするぜ~
 
フリーダムFighters
おわり